2008年08月04日

おかゆとリゾットでは作り方が異なるのか???

ちょっと暑さでバテ気味……たらーっ(汗)

おかゆやうどん等をゆっくりと食べるようにしたりして、
暑さからの完全ノックアウトを防いでいます。

そこで、今日は、リゾットを作ってみましたexclamation

これです右斜め下


リゾットを作ってみました〜



前にもご紹介したことのある、
トマトスープに生米を入れて煮込んでみましたるんるん

(参照:トマトの皮むきは冷凍して水につけると楽♪


スープは還元水を使っているので、
素材の美味しさが存分にしみだしているので、
その美味しさが、じっくりと米にも伝わってくれた
というぐらいに炊きあがりました。

温かいままでももちろん美味しいのですが、
冷蔵庫で冷やした状態でいただいても、
すんごーく美味(^^)b

そのためには、ちょっと味を濃いめに調整はしてみました。

これなら、暑くても食べれる〜〜レストラン


ところで、おかゆとリゾットってなんか似ていませんか?  

おかゆもリゾットも「生米」から作ることができるのは一緒。


おかゆは生米を水から作っていきますよね。

米と水の割合によって三分、五分、七分、全がゆとあります
(参照:美味しいおかゆをつくってみよぉ〜!)。


リゾットの場合は、オリーブ油やバターで生米を炒めた後、
スープを加えて煮たもの。



(・・)おや? これってパエリアの作り方もそうですよね
(参照:還元水を使って、しっとりパリっと炊きあげるパエリア作りに挑戦!)。

リゾットは「イタリアのぞうすい風米料理」のことをいい、
パエリアは「スペインの米料理でパエリア鍋を使って作る料理」
のことで、スープを使うことと少しかために仕上げるのが
ポイントなのもちょっと似ていますね。

地域や作り方によって呼び名が変わる米料理って
いろいろありますね(^^;;;)


でも、パエリアはどちらかというと「ピラフ」に近い感じですよね。

リゾットはしっとり系。

うーん(ーー)いろいろな米料理が頭の中を飛び交って、
ちょっと混乱・・・・・あせあせ(飛び散る汗)



さて、おかゆを作る時には「炊いてる間は、かき混ぜ厳禁exclamation
というのがありましたが、
リゾットの場合は基本的には米を炒めてから煮込むので
「頻繁にかき混ぜる」ほうが良いというレシピもあります。

炒めずに生米からスープで炊きあげる場合は、
あまりかき混ぜないほうがよいみたいですが、
これも材料などによって異なるのかもしれませんね。



ちなみに、「雑炊」は、炊いた白米を、一度水で洗い、
ぬめりをとってからだしやスープで温めたもののことで、
「おじや」は、炊いた白米をだしやスープでやわらかく煮たもののことなんだとか。。。


となると、リゾットは「おじや」に近いものなのでは????

あ〜〜。

余計に頭の中が混乱してきたかも(ーー)


【参考サイト】
料理レシピ基本用語 / リゾット【マギー Feel Good Cooking】
生米から作るトマトリゾット
【おかゆレシピ】- からだに優しいおかゆの作り方を紹介!おかゆ、おじや、雑炊の違い



続きを読む


posted by はっち at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。