2008年08月22日

水出しコーヒーでアイスコーヒーを作ってみました

今日はちょっと気合いをいれて(笑)
水出しのアイスコーヒーを作ってみましたよひらめき


気合入り(?)水出しアイスコーヒー



水出しコーヒーって、専用の器具が必要なのかな? 
って思っていたら、あるサイトで


「麦茶などを作る時に使うガラスの瓶に、
好みの量のコーヒーの粉を入れ、水を注ぐ。
それを冷蔵庫に入れて一晩おいておく。
翌日、濾紙で濾してカップにとって見る……」


と、簡単な作り方を見つけたんでするんるん 


あ〜、これなら家でもすぐ出来る〜ということで、作った見たのです。

あれ? 気合いは入ってないようですね(^^;;;)




水出しコーヒーは「ダッチコーヒー」といい
コーヒーの抽出方法の一つで、
じっくり時間をかけて抽出するので、
熱いお湯を使う抽出方法に比べ、
コーヒーの成分を痛めないために、おいしさや香りが良く、
苦味が押さえられ、まろやかな味わいになるのが特長だそうです。

アイスコーヒーはもちろん、
温めてホットコーヒーにしてもとてもおいしいのです。



水出しコーヒーに使うコーヒー豆は深煎りが適しているというので、
我が家がいつも購入している豆はちょーど「深煎りタイプ」。

どうせつくるなら水を変えて作ってみようということで
「還元水(pH9.0)」
「ミネラルウォーター(pH約6.7、硬度30ml)」で、
水出しコーヒー比べをやってみました喫茶店




コーヒーの分量ですが目安になるものがないかな? 
と思って探してみたら、
「メジャースプーン6杯に対して2リットルの水」とあったので、
それを目安に濃いめに作るということで「8杯分」の量に
してみました。


まずは、水を投入してから10分たったところカメラ

10分経過〜



投入直後からすぐに色がでたのはミネラルウォーターの方。

還元水はちょっとスロースターターでしたが、
10分後ではこのようにあまり差がなくなってきました。




そして、涼しい場所にコーヒーを移動して7時間後カメラ

7時間経つと・・・



どちらもしっかりとコーヒーがでていますね。




器にちょっと移して、色比べ猫

色の違いが分かりますか?



実は、若干ですが還元水の方が色が薄めなんです。

写真ではあまり差があるように見えないのですが(^^;;;)
布製のフィルターで濾してグラスに注いてみます。

この時には氷は入れず、水出し状態のままで味わってみました。

実際に飲んでみると、両方とも熱湯で入れたコーヒーを
氷で冷やしたものよりも、とってもマイルドるんるん 

たしかに香りもいいですねかわいい



それぞれの水で作った特徴はというと。


満月還元水……

とってもクセがなく、超マイルドな味わい。

コーヒーの旨さも感じられますが、コーヒーの苦みという点では、
抜けてしまっているところがありますバッド(下向き矢印)

でも、香りはいいですね〜〜。

ブラックで飲むならこっちのほうが飲みやすいかも。



満月軟水のミネラルウォーター……

こちらのほうがコーヒーの苦みが感じられますが、
ホットよりもかなりマイルドですよ。

ミルクやシロップなどを入れるならば、こちらのほうがいいかも

そのまま、冷蔵庫に入れておけ味も風味も損なわれにくいので、
夏場のコーヒー作りにはピッタリですね(^^)



【参考サイト】
嗜好品 その1 | 雁屋哲の美味しんぼ日記
OCJP 水出しコーヒーの作り方
水出しコーヒーってこんなにまろやかでおいしいの知ってた??:手作りキットのアウベルクラフト




過去の関連記事


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。