2008年09月20日

還元水vs酸性水で白玉を茹でてみる

おやつに白玉だんご


本日のおやつは『白玉だんご』でーす。

茹でた白玉にメープルシロップをかけて、ちょっと洋風にキスマーク

紅茶と一緒にいただいたら美味しかったですよ。


でも、混ぜるときの水の分量が多かったらしく、
とってもトロトロ状態になってしまいました (^^;;;)  


うーん、ちょっと今回は失敗だったかなたらーっ(汗)



白玉を作る時のポイントは、

(1)白玉粉に水を加える時に「少しづつ」加える。

(2)お湯でゆでる時に「浮き上がってから」1分程度待つ。

(3) 最後に冷水につけてひきしめる。



この3つをしっかりクリアすれば、ぷるんるんるんとした
きれいな白玉が出来上がるのですね。

白玉粉を混ぜるときの水の量は、湿度や温度などによって変わるので、
袋に書いてある分量を目安にして、「耳たぶくらいの固さ」を
目指して練り上げていくんですね。

私は、この最初の時点で水の量が多くなって、
柔らかくなりすぎてしまったんです。

なかなか難しいですね(^^;;)



さて、茹でる時にちょっと水を替えて
どんな茹で具合になるのか試してみました。

今回の茹で比べで使用したのは、還元水(pH9.5)と酸性水です。



柔らかくなりすぎた白玉はなかなか丸くなりません(><)

どうしても横に広がってしまいますが、
それでもなんとか形にしてみて、
沸騰した各湯に入れていきます。

茹でれば固まるだろうし(^^;;;;)



さて、茹で時間については、
だいたい3分くらいが目安のようですが、
大きさや白玉の固さによって茹で時間も変わってくるようなので、
白玉が浮き上がって1分くらい茹でたら、
すくい上げるようにします。

酸性水も還元水もどちらも茹で時間に差はないようですね。。。時計

還元水の方が、白玉が湯に馴染むのが早かったみたいで、
形が早めに整ったように見えます。


茹で上がったら、冷水にさらして白玉を引き締めます。

この時の水も、還元水で茹でたものは還元水に、
酸性水で茹でたものは酸性水にと分けてみました。

冷水からあげた白玉を写真にパシャカメラ


白玉比べ



写真では差が分かりにくいですね(^^;;;)

でも、還元水で茹でた方が、少しトロっとした感じに見えます。

冷水に入れた時に、キュッと白玉が固まるのが早かったのは
「酸性水」。

還元水はちょっとベタって感じに、なってしまいましたバッド(下向き矢印)

白玉の弾力があるのは「酸性水」ですね。



真ん中から切ってみた断面の写真です。


断面図です



酸性水で茹でて冷水にさらしたほうが、
中までひきしまって硬くなってる感じがしますね。

味については、差がありません。

食感については酸性水のほうがちょっと硬めになりました。

今回は白玉の状態が、よくなかったこともあり(^^;;;)
 大きな差が見れなかったのですが、
「茹でる時は還元水。冷水にさらす時は酸性水」
のほうが、美味しく出来上がるように感じます。



粉を混ぜる時の水は、水道水を使ってみましたが、
この水も替えると、またちょっと違った感じになるのでしょうね〜。

(ーー)うーん。なかなか、団子も奥が深い。。。

【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
白玉粉を使って美味しい白玉団子を作る方法 | 白玉団子・白玉の白玉粉.com




過去の関連記事


2008年09月18日

水の使い方。もう一度見直してみませんか?

内閣府が発表による「水に関する世論調査」。

今の日本人が「水」に関する様々な問題などについて、
どのような意識をもっているのかとても参考になります。


さて、その中で私が気になったのが
「水の利用に関する意識」の中の『水の使い方』について。

節水をしている人の割合が約7割以上と以前の調査に比べて
上昇している一方、節水のことは考えずに、
水を豊富に使っていると回答しているひとも
全体の約1/4はいることになるんですね。


水を豊富に使う理由の一番にあげられている
「衛生的だから」というのは、日本の水道水がきれいで、
安全性が高いこともあるのかもしれません。

「水はいくらでもあるから」という意識も、
日本だからある感覚なのかなとも感じます。

たしかに、20年くらい前までは、
「水と空気はタダ」 という意識が当たり前でしたからね(^^;;)

ミネラルウォーターを購入することが、普段の生活の中でも
当たり前になってきた頃から、
この意識も変わってきているように思います。

その意識が「節水」にもつながっていくのではないのでしょうか。




さて、節水の対象となるのは「お風呂」と答えた人が7割以上。

洗濯、洗面、炊事と続くわけですが、
やっぱり一番水を使うところを節水していくというのは、
とても重要ですよね。


では、自分にと問いかけてみると節水に気をつけていますが、
まだまだ「水の使い方を見直してみる箇所」はあるよね、と思います。

「水は限りある資源」という言葉を忘れないように、
今、身の回りで使っている、全ての『水』について、
もう一度見直してみましょう(^^)



【参考サイト】
内閣府・水に関する世論調査





過去の関連記事
posted by はっち at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年09月17日

みょうばん水で、ナスの早漬けを作ってみました!

おいしいなすびさん♪


初夏から秋にかけては、ナスが美味しい季節ですよねレストラン

夏は焼きナスにしてショウガ醤油で食べたり、
ちょっと辛めにして麻婆茄子にしてみたりるんるん 

浅漬けもいいですよね〜。

さて、近所の農家で購入した『ナス』
「みょうばん水」を使ってお漬け物をつくってみました。



なすの早漬け。ウマイ。


「ナスの早漬け」。


みょうばんの袋の裏に、
作り方が書いてあったので試してみましたるんるん 

これがまた、ナスの香りと色がよくでてて美味しいんです(^^)


私は、ナスを洗う時には「酸性水」を使って洗っています。

それはなぜかexclamation×2 

アントシアニンを含む野菜や果物を酸性水で洗浄すると、
その野菜や果物がもつ本来の色が鮮やかに甦るからなんです手(チョキ)

(参照:アントシアニンを含む野菜の色を鮮やかにする酸性水) 


以前試してみた時に、とってもきれいな、
ナス色になったのでそれから、
ちょっと習慣になっています(^^;;;)




さて、酸性水でよく洗ったナスをよく水切りしてる間に、
みょうばん水で漬け汁を作ります。

作り方には次のような割合で漬け汁をつくるとありました。

『ナス1kgにつき、水が1リットル。塩60g。みょうばん3g』


今回購入したナスは、5本くらいだったので、
約500gくらいとみて、
表示されているよりも1/2の分量で。


(1)なべに、水・塩・みょうばんを入れて火にかけ沸騰させて、
   よくみょうばんを溶かします。

(2)みょうばんがキレイに溶けたら、火から下ろして冷まします。

(3)容器に洗ってヘタをとったナスをいれて、冷ました漬け汁を、
   ナスがかぶるくらいに入れて重石をのせます。

(4)ふたをして、涼しい場所にねかせておきます。



これで、後はナスが漬かるのを待つだけ(^^)/

気温が高い夏などは、1日くらいで漬かるようですが、
秋口は2〜3日ほどで、ナス漬けができあがりです。

ちょっと塩分が多いかな? と思った時には、
軽く洗ってから食卓にだすといいですよかわいい 


この漬け汁のpH値を測ってみたら4.0〜5.0くらいの酸性でした。

pHを測ってみました


みょうばん水を使って、ナスを漬けると、
ナスの色素であるアントシアニンの色を安定化して、
紫色を保つ働きがあるというのは、
酸性水とも共通なところがありますね(^^)。

酸性水で洗って、みょうばん水で漬け込んだナスの色は、
たしかにキレイでしたぴかぴか(新しい)




【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
制汗剤にも漬け物にも使えるミョウバン水とはどんなもの?
アントシアニンを含む野菜の色を鮮やかにする酸性水




過去の関連記事

2008年09月16日

体がむくんでいるかな。。。。と思ったら「水毒(すいどく)」かも!?

朝起きた時に顔がむくんでいるバッド(下向き矢印)

下半身がとても冷えるバッド(下向き矢印)

頭痛、不眠、胃の具合が悪い、全身がだるいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
といった体の症状が続くようならば、
「水毒(すいどく)」なのかもしれませんよ(ーー)b 


・・・と私が言われました(^^;;;)



そこで、「水毒(すいどく)」の言葉を知らなかった私は、
いつものようにネットでお調べタイム眼鏡

「水毒」とは、漢方医学の言葉で、体内の水分代謝が
上手く機能していないことによっておこる症状のこと。


人間の体の約60〜70%は水分で作られています。

そして、1日に体内から失われる水分量は約1.5〜2.5リットル。

その失われた分を補うのに、
ちょこちょこ水分補給が大切なんでしたよね(^^)b。


この体内の水分循環が上手く機能し滞ることがなければ
問題はありませんが、
気候の変動や精神的なストレス、飲食などが要因となり、
体内に水分が停滞してしまうことがあります。

それが体にとって「不要な余った水分」となり
水毒を引き起こすのですあせあせ(飛び散る汗)


水分の摂り過ぎ、体の冷え、血行不良、寝不足、
不規則な生活
などは、体内のバランスを崩す原因として
あげられるので、注意が必要ですよね。




さて、水毒になりやすい水分というのは「味のついた水分」。

ジュースなどはもちろんこのカテゴリーの中に入るかと思いますが、
濃いお茶類とかコーヒー、紅茶の飲み過ぎも注意exclamation  

これらの飲み物も濃いめにすると、喉が渇いた感じになって
ついつい飲み過ぎたりすることないですか? 

水っぽいかなぁという感じが、体にはいいのかもしれませんね(^^) 

 

また、甘党の人、辛党の人も要注意exclamation 

食べ物の味が濃ければ、体は水分を欲しがります。

知らぬ間に水分過剰状態になって、
不要な水分が溜まってしまうのです。


味がついていない「水」だって、
過剰なほどの摂取量だと水毒要因になるんですよ。

なので、体内の水分が乾ききる前に、
ちょこちょこ水分補給を基本するのがベストなんです。


そして、水毒にならないようにするには
「体内の循環を活発にさせること」が一番(^^)b

適度に体を動かす、体を冷やさない工夫をする、
睡眠時間をしっかりとるexclamation×2 




半身浴は水毒予防には良いんですって。

それから、食事の味付けは薄めに。

食べ過ぎもアウトexclamation×2 

なんて、挙げていったら
「規則正しい生活と食生活」が一番
ということなんですね(^^;;;)


料理用の水で還元水を使うと、
汁物類では通常よりも調味料類の分量を少なめにしても
美味しさが変わらないので、塩分を抑えることができますよかわいい

和食は水毒予防には有効な食事といわれているので、
「還元水でつくる和食」というのが、素材の美味しさをひきたて、
調味料類の使用分量を抑えてくれるので、
水毒予防にもいいのかもしれませんね(^^)


【参考サイト】
今月の健康キーワード 水分の代謝を整えて「水毒」を防ごう
水毒症状の漢方治療
29 水毒について
水毒について




過去の関連記事
posted by はっち at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年09月14日

備長炭と塩でのエコ洗濯に挑戦(^^)b

炭で洗濯?!



洗剤の変わりに『炭』と『塩』を使って洗濯をするという
「エコ洗濯」。
炭と塩でエコ洗濯ができるんだって!


どんなものなんだろうと思い、ちょっと挑戦してみましたパンチ 


購入してきたのは、備長炭

消臭用とか浄水用で小分けに販売していたりするので、
お試し洗濯するにはこれくらいのサイズでも
大丈夫だろうというのセレクト。

洗濯機に入れて粉々になってもなんて心配もしていたので(^^;;)、
できるだけ、しっかりとしたものを選んでみました。



前回、参考にしたページを参照に、
炭袋を作る下準備にとりかかってみます。

炭をブラシでゴシゴシ洗って、日陰干し〜曇り

炭が乾いたら、ゴムが伸びてしまった靴下に、
炭と浮きになる発泡スチロールのトレイを切って入れ、
ゴムで縛って炭袋完成exclamation×2 



さて、今回は初めての炭&塩のエコ洗濯に挑戦なので、
まずは、少量の洗濯物でトライ手(チョキ)

今回の洗濯用水は、水道水を利用しています。

還元水を使わないでどれだけ落ちるのかを
見てみたいよなあ〜という思いもあったので(^^;;)



というわけで、洗濯物と炭袋と塩を洗濯機に投入ダッシュ(走り出すさま)

洗い1回・すすぎ1回で、エコ洗濯の開始ですー(長音記号2)


開始してから、洗濯機の中をのぞくと、
既に水が汚れていますね〜目

すすぎの時は柔軟剤の替わりに
米酢をほんのちょっと入れてみました。



洗濯時間12分・すすぎ6分・脱水6分で
いつもの洗濯時間よりも約半分の時間で終了時計

お? 時間短縮になっていますね〜。

さて洗い上がりはというと、思っていたよりも
サッパリと洗い上がってるかな? 

という感じです。

臭いもありませんグッド(上向き矢印)


白さに関しては。。。うーん、難しいですね(^^;;;)

黒ずんだ汚れなどは、洗剤&強還元水の組み合わせの
ほうがよく落ちますからね。

ただ、軽い汚れや下着類などは、
炭+塩でも大丈夫のような感じがしました。


すすぎの時にちょろっと入れた米酢のおかげもあり、
柔軟剤で仕上げるよりも柔らかくなっている感じがします。




「炭+塩での洗濯」の後に、強還元水と水道水、
いつものように強還元水と洗剤の組み合わせでの
洗濯をおこなってみました。

我が家では、けっこう汚れが酷いので(^^;;)
やっぱり洗剤&強還元水での洗濯が一番のようです。

でも、軽い汚れでもしょっちゅう洗うようなタオルなどは、
時間短縮になるし、「炭+塩での洗濯」でもいいかな
と考えてみてます。



ところで、「炭+塩」の水のpH値を試しに調べてみました。

洗濯中のちょっと使えなかったので(^^;;)
炭を一本入れた容器にサンプルをつくって計測。

pH測定しますよ〜




中性の水道水が、炭を入れることで
pH8.0〜9.0くらいのアルカリ性の水に変化。

結果!アルカリ性です。



塩を入れても変化はなかったので、炭を入れたことで、
弱アルカリ性の洗剤を入れた状態になったんでしょうかね? 

炭の力も奥深いです(ーー)凄い。


【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
炭と塩でエコ洗濯ができるんだって! 




過去の関連記事
タグ:洗濯 エコ
posted by はっち at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。