2008年09月10日

古くなった紅茶は「水出し紅茶」で使ってみる

水出し紅茶にトライ!


水出しで作った紅茶に挑戦しました(^^)

お土産などで紅茶の入った缶をもらうことがありますプレゼント

ふと気がつくと、けっこう棚の隅っこに・・・・・(^^;;;)

我が家ではコーヒーほど頻繁に飲むことがないので、
たまに忘れられているこもあります。

紅茶さんゴメンナサイm(_ _)m




さて、ネットで「古くなった紅茶の使い方」があったのです。

それは『水出し紅茶』にするexclamation×2  

おお〜〜exclamation×2 紅茶も水出しイケルんですねるんるん 


というわけで、水出し紅茶に挑戦パンチ 

ならば、還元水(pH9.5)と浄水での「水出し紅茶比べ」です。



紅茶は、アイスティー対決ぴかぴか(新しい)
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/102996665.html
でも使用した、アールグレーにレモンピール、レモングラス、
マリーゴールドが入った
フレーバーティータイプのものにしてみました。

作り方は、水1リットルに対して紅茶リーフが約20g
(茶葉の量は種類や茶葉の大きさ、濃さなどによって
10g〜20gの範囲内で好みによって調整すれば良いようです)。

作る容器は麦茶を作るガラス容器でもポットでもok。

茶葉をそのまま容器にいれて「常温水」を加えて、
常温のまま3〜5時間待つとで出来上がりいい気分(温泉)




さて、まずはスタートから10分ほどたった状態ですカチンコ

10分後・・・


おお? 
ちょっと還元水のほうが早めに抽出がはじまってますね。


以前、ハーブウォーター
ハーブウォーターの水vs還元水どちらがハーブにあうのか?
の時とは違い、還元水の方が
早く水出し紅茶が出来そうな感じですね。

というわけで、まずは、ここで一晩置いてみました夜



そして、これが翌朝の状態晴れ

一晩置いてみました


抽出時間は8時間くらいでした。

両方とも色がきれいにでていますね。

色の濃さと鮮やかさでは「還元水」のほうがいいですね。



コーヒー用の紙フィルターでこして、
白い器にうつしてもパシャリカメラ

色の違い分かるかな?


前回のアイスティー対決の時では、
水道水よりも色が薄めになった還元水ですが、
水出し対決での抽出率は高いですね。

ハーブウォーターの時のことも考えてみると、
還元水と紅茶の相性は、お茶袋に入れず、お湯もつかわず
「茶葉のまま還元水に浸す」ほうが、
色も香りも良いようです。


味わいは、浄水のほうが、紅茶らしい苦みもしっかりして
パンチがきいていますパンチ

還元水はマイルドになりますが、
水出しのほうがホットの時よりも
紅茶の味がしっかりしているように思いますね。




この結果! トータルで還元水のわずかの差で勝利!

フィルターでこした後は、
空いていたペットボトルに入れて冷蔵庫に入れておきました。

水からのほうが、クリームダウン(濁ること)することは
少ないようですよ。

コーヒーも紅茶も「水出し」ってけっこう便利ですね(^^)

抽出時間はかかりますが、
お湯をわかすこともなく美味しくいただけるなら、
こっちのほうがいいかなあと思います。

ホットにしたいときは、電子レンジで温めるとよいのだそうでするんるん

【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
紅茶の美味しい入れ方コツのコツ◎古くなった紅茶はどうしましょう
水出し紅茶の作り方




関連記事


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。