2008年09月14日

備長炭と塩でのエコ洗濯に挑戦(^^)b

炭で洗濯?!



洗剤の変わりに『炭』と『塩』を使って洗濯をするという
「エコ洗濯」。
炭と塩でエコ洗濯ができるんだって!


どんなものなんだろうと思い、ちょっと挑戦してみましたパンチ 


購入してきたのは、備長炭

消臭用とか浄水用で小分けに販売していたりするので、
お試し洗濯するにはこれくらいのサイズでも
大丈夫だろうというのセレクト。

洗濯機に入れて粉々になってもなんて心配もしていたので(^^;;)、
できるだけ、しっかりとしたものを選んでみました。



前回、参考にしたページを参照に、
炭袋を作る下準備にとりかかってみます。

炭をブラシでゴシゴシ洗って、日陰干し〜曇り

炭が乾いたら、ゴムが伸びてしまった靴下に、
炭と浮きになる発泡スチロールのトレイを切って入れ、
ゴムで縛って炭袋完成exclamation×2 



さて、今回は初めての炭&塩のエコ洗濯に挑戦なので、
まずは、少量の洗濯物でトライ手(チョキ)

今回の洗濯用水は、水道水を利用しています。

還元水を使わないでどれだけ落ちるのかを
見てみたいよなあ〜という思いもあったので(^^;;)



というわけで、洗濯物と炭袋と塩を洗濯機に投入ダッシュ(走り出すさま)

洗い1回・すすぎ1回で、エコ洗濯の開始ですー(長音記号2)


開始してから、洗濯機の中をのぞくと、
既に水が汚れていますね〜目

すすぎの時は柔軟剤の替わりに
米酢をほんのちょっと入れてみました。



洗濯時間12分・すすぎ6分・脱水6分で
いつもの洗濯時間よりも約半分の時間で終了時計

お? 時間短縮になっていますね〜。

さて洗い上がりはというと、思っていたよりも
サッパリと洗い上がってるかな? 

という感じです。

臭いもありませんグッド(上向き矢印)


白さに関しては。。。うーん、難しいですね(^^;;;)

黒ずんだ汚れなどは、洗剤&強還元水の組み合わせの
ほうがよく落ちますからね。

ただ、軽い汚れや下着類などは、
炭+塩でも大丈夫のような感じがしました。


すすぎの時にちょろっと入れた米酢のおかげもあり、
柔軟剤で仕上げるよりも柔らかくなっている感じがします。




「炭+塩での洗濯」の後に、強還元水と水道水、
いつものように強還元水と洗剤の組み合わせでの
洗濯をおこなってみました。

我が家では、けっこう汚れが酷いので(^^;;)
やっぱり洗剤&強還元水での洗濯が一番のようです。

でも、軽い汚れでもしょっちゅう洗うようなタオルなどは、
時間短縮になるし、「炭+塩での洗濯」でもいいかな
と考えてみてます。



ところで、「炭+塩」の水のpH値を試しに調べてみました。

洗濯中のちょっと使えなかったので(^^;;)
炭を一本入れた容器にサンプルをつくって計測。

pH測定しますよ〜




中性の水道水が、炭を入れることで
pH8.0〜9.0くらいのアルカリ性の水に変化。

結果!アルカリ性です。



塩を入れても変化はなかったので、炭を入れたことで、
弱アルカリ性の洗剤を入れた状態になったんでしょうかね? 

炭の力も奥深いです(ーー)凄い。


【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
炭と塩でエコ洗濯ができるんだって! 




過去の関連記事


タグ:洗濯 エコ
posted by はっち at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。