2008年09月30日

ペットボトルがビンと同じリユースの時代がくるのか!

ペットボトルを洗って再利用。

自宅ではよくやっていることですが、
日本では、衛生上、安全上の問題が発生するおそれがあるので、
使い回しをおすすめしていないのが現状
(参照:ペットボトルの空き容器に熱湯は厳禁!)。



しかし、海外では、使用済みの空ペットボトルを回収し
洗って、飲料を詰め直して再販売する
「リユース」が導入され、普及しているところもあるのです。


その実験を、現在、首都圏の一部のスーパーにおいて
1.5リットル入りのミネラルウォーターを利用して実施中なんだとか。

回収されたペットボトルは専門業者による洗浄後、
飲料メーカーがミネラルウォーターを詰め直して、
11月に再び商品として並び、
12月末に実験を終えるというものsoon

ペットボトルの回収を促すためにデポジット(預かり金)制度
を取り入れたりしているようですね。



リサイクルよりもリユースのほうが、
環境負荷が低くて『エコ』的なのですが、
ビンとは異なり傷や臭いがつきやすいので、
商品として再販売となった場合、
抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

また、リユースで使う場合は、
再使用に耐えられる強度も必要になるので、
1本にかかる費用も資源も今までよりも多めに。。。ふくろ

となると、高い回収率が、リユースを定着させられるかの
ポイントになりそうです。



限りある資源を考えるとリユースは必然とも思うのですが、
出費を考えると、家計を預かる主婦としては(^^;;)

できるだけペットボトルを使用しないほうがいいかなあ〜
とも思います。


【参考サイト】
東京新聞:実現への課題検証 ペットボトル リユース実験 首都圏:暮らし(TOKYO Web)




関連記事


posted by はっち at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。