2008年10月06日

野菜によって茹で方替えて美味しさもアップ

料理の基本には
「切る」「炒める」「煮る」「焼く」
「蒸す」「揚げる」「茹でる」「和える」

といったものがあります。

私は料理教室に通ったこともなく、料理は自己流手(グー)


基本的に「美味しく食べられれば問題なしぴかぴか(新しい)の人なので、
あらためて考えると、料理の基本的な部分が
すっぽ抜けているんだと思います(^^;;)



さて、子供達が家庭科の調理実習でいろいろ学んできたようで、
帰ってきたら質問攻めに・・・


「野菜の美味しい茹で方ってあるの?」・・・

Σ( ̄ロ ̄lll)あうぅ〜「あるけど・・・」


と自分の知識が合ってるかどうかは自信なし(〃_ _)σ 




そこで、おさらいも兼ねてちょっと調べてみました。

野菜を茹でる時は「熱湯から茹でるもの」
「水からゆでるもの」と分けることができます。



「熱湯から茹でるもの」には、
ほうれん草、枝豆、そら豆、ブロッコリーなどの葉菜類や豆類。

たっぷりの湯の中で、強火・短時間で一気に仕上げることで、
野菜のもつ色や歯ごたえを保つことができます。



「水から茹でるもの」には、
じゃがいも、にんじん、大根、ごぼうなどの根菜類やいも類。

水からゆでることで、内部まで平均して熱を通すようにし、
煮崩れを防ぐことにもなるのです。


根菜類は、小さく切った場合は熱湯からでも大丈夫なんだとか。




野菜を美味しくゆでるポイントの重要なのは、
「色をキレイに」「柔らかくゆであがれる」ことなんです(^^)。

こんな説明で、子供達は理解してくれるかな(^^;;)

【参考サイト】
基本講座〜ゆでる/1から始める料理の基本【マギー Feel Good Cooking】
http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/basics/boil2/menu3.htm




関連記事


posted by はっち at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。