2008年10月16日

こんにゃくのアク抜き

ダイエット料理によく使われる食品の一つに
「こんにゃく」があります。

こんにゃくは、やさしく大腸を刺激して排便反射を高めさせ、
おなかをすっきりさせてくれるので便秘を解消にもよく、
また、ゆっくり食べることで満腹感も倍増するので、
食べ過ぎ予防にもなるのです。



しかし、こんにゃく独特の臭いと味が苦手なんていう人もいますよね。

この、こんにゃくの独特の臭いは
消石灰(水酸化カルシウム)を加えて作っているので、
その消石灰の臭いとアクが残っているからなのだそうです。

そのまま、臭いやアクが残っていると、加熱しても臭いや味が抜けず、
おいしく調理することができませんあせあせ(飛び散る汗)



というわけで、こんにゃくを美味しくいただくために、
アク抜きをしてみましょう(^^)


用意するのは、「塩」と「水」。

1こんにゃくを袋からだして、表面に塩をふりかけます。

2こんにゃくを、よく「塩もみ」。
 水と一緒に臭いとアクがもみだされていきます。

 そうすると、こんにゃくがこんな感じにちょっと小さくなります

こんにゃくって縮むんだ〜?!



3熱湯の中に入れて、表面が白っぽくなるくらいまで茹でます。

4表面が白っぽく変わったら冷水にさらします。



最近は「アク抜き済み」とか「アク抜き不要」の
こんにゃくもありますが、それでも臭いが気になる場合は、
「塩もみ」をお試ししてくださいね。



【参考サイト】
日本こんにゃく協会:健康な体作り・こんにゃくが美容によいと言われる理由は?
コンニャクのあく抜き - 調理の基礎技術 - 日経レストラン ONLINE




関連記事


posted by はっち at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。