2008年10月22日

こんにゃくのアク抜きを還元水と酸性水で実験

こんにゃくを美味しくいただくには
「アク抜き」はしたほうがいいんですよね(^^)b
こんにゃくのアク抜き)。

用意するものが「塩」と「水」ならば、
「水」を還元水や酸性水にしてアク抜きしてみると、
どうなるのだろう〜というわけで、
アク抜き比べをしてみました(笑) 



還元水はpH9.5を使います。

袋から取り出した時、
袋に入っている水やこんにゃくから独特の臭いがしますね。


とりあえず、塩もみする前に、
軽くさっと各水で表面を流してみましたー(長音記号2)

実は、この時に、クンクンと臭いをかいでみたら
「酸性水」のほうがちょっと臭いがおさまるんです(−_−)フムフム。



続いて、きゅっきゅと塩もみ後、沸騰させた湯の中にドボンダッシュ(走り出すさま)

表面が白っぽく変わるのは、若干「還元水」のほうかな。


そして、用意した各水の入ったボウルに入れて、さらします。

見た目での差はありませんね〜(・・)


何か差はないかと、水から取り出して、
こんにゃくをつっついてみたり(いちおう固さチェック)、
臭いをかいでみたり・・・・

exclamation 差を発見exclamation×2( ̄∀ ̄)ニヒ

「酸性水」のほうが、こんにゃくの臭いが
還元水よりもおさまりますかわいい


こんにゃくを凝固させるために使われる水酸化カルシウムは
アルカリ性。

酸性水を使ったことで、中和されて
臭いがおさまったのかもしれませんね。


ということは、こんにゃくのアク抜きには
「酸性水」のほうがベストなのかな?
 



というのが、ハッチ実験の結論でした(^^)

【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
Q: こんにゃくの「アク抜き」は必要ですか?よくあるご質問 伏見屋





関連記事


posted by はっち at 15:19 | Comment(4) | TrackBack(1) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。