2008年10月28日

皇居のお濠を浄化はヒートアイランド対策にもつながる?

皇居のお濠周辺は、一年中素敵な自然が楽しめて、
沿道はお散歩するのにもいいですよね足ダッシュ(走り出すさま)

一年中ジョギングする人が絶えない、
ジョギングスポットでもありますが(^^;;)


春は桜夏は深い緑秋は紅葉
そして夜にはきれいな夜景を映す皇居のお濠。

ところが、水質の悪化が進んでいるという
悲しい現状もあったのですねあせあせ(飛び散る汗)



皇居のお濠の水というは、以前は外部からの上水道が流れこみ、
水が循環していたようなのですが、
なんと現在は雨水頼りというから、
ほぼ水が滞留しっぱなしのようなのです。

水質悪化は避けられない状況にもなってしまったんですね(TT)


アオコというプランクトンが増殖して
お濠の水面を緑色に染め、悪臭の苦情もあったのだとかバッド(下向き矢印)

さらに、夏場の夜間でも、お濠の水温が下がらないことが多く、
それにより都心の冷却効果が薄れている可能性もあるのだとか。



それだけ、ヒートアイランド化が
進んでいるということなのでしょうが、
ということは、お濠の水が循環して水環境が改善されると、
ヒートアイランド対策にもつながる可能性は高そうですね(^^)b  


【参考サイト】
皇居のお濠浄化作戦、“雨頼み”脱却なるか…環境省|エコとリサイクルをお手使い!『スマイル・エコ・ブログ』




関連記事


posted by はっち at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。