2008年10月31日

名水汲みのマナーを考えてみる。

私の住んでいる地域の近くにも、名水百選に選定された
お鷹の道・真姿の池湧水群」があります。

水もきれいで、とても素敵なところですかわいい

住宅地の中にある名水地。

地域の方も訪れる方もこの名水をとても大切にし、
守っているのがわかります(^^)v  



選定を受けた名水の中には、
観光で訪れた人が自由に水を汲めるところもあります。

そこでは、利用者の「マナー」が問題となってきます。


湧き水が美味しいよ〜と言われるところで、たまに見かけませんか? 

大量のタンクにガンガンと水を汲んでいく人( ̄□ ̄; ) 



いくら、湧き水は“タダ”とはいえ、
独り占め状態は許せる行為ではありませんよね。

そのような事態が、栃木県塩谷町の山中に湧く
「尚仁沢の水」の給水所で起こっているようなのです。



水汲み人のマナーを取材した記事には、私も唖然。。。たらーっ(汗)

こんなに、大量の水をどうやって利用するのでしょうか?


注意事項の看板にも、水汲みのマナーが書いてあります。

けれど、自分さえよければといった利用者には、
この看板も目に入ってないんでしょうね。



子供達に名水の大切さを教えるためにも、
大人が良識ある行動をとるべきなのじゃないかなぁと私は思います。

名水地を訪れたら、その環境を守るために、
ルールを守ったマナーある行動というのが
とても大切なのではないでしょうか。


せっかくの名水地を、台無しにしてはいけませんexclamation

【参考サイト】
マナーはどこへ〜名水汲み独占の人びと−JanJanニュース




関連記事


posted by はっち at 15:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水の種類

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。