2008年11月21日

里芋の「ぬめり」とりを還元水と酸性水で比べてみた

近所の農家の直売所に、
「里芋」が常にお目見えするようになりました。

秋も深まってきたんだなぁ〜、
冬もそろそろなんだなあ〜って感じます雪


冷凍ものでは一年中あり、
皮もむかず下ごしらえの手間もはぶけて、
そのまま煮物に使えるので便利ですが、
やっぱり露地物が出回る時期は、
面倒でも泥付き里芋を買ってきちゃいますねレストラン



さて、里芋を美味しくいただくには、
あの「ぬめり」をとる下ごしらえがポイントなんですよ(^^)b



1皮をむいたら、水洗いして塩をふってよくもみます

2そうすると、ぬめりが出てくるので水でよく洗い流し

3鍋に里芋がかぶるくらの水をはって、3〜4分茹でます。

4茹で上がったら、もう一度水にさらしてぬめりをとります。




そして、この時に使った水を、酸性水と還元水にしてみて、
どっちが、「ぬめり」がとれやすいのか試してみました(^^;;)


下ごしらえが済んだ写真カメラがコレexclamation×2


ぬめりが取れたか?里芋くん



写真ではちょっとわかりずらいですね(^^;;;)

実は、酸性水のほうが、ちょっとだけ「ぬめり」が
とれやすかったんです。


還元水の方は、下ゆででも早く火が通ってしまうようで、
小さめな里芋は茹で上がってしまいました。



下ごしらえには酸性水を使って、煮込むには還元水を使うと
美味しくいただけそうですね(^^)



【参考サイト】
さといも 里芋 野菜じてん 保存方法や下処理、選び方、レシピ いいお野菜ドットコム
さといも選び方・下ごしらえ☆さといもの選び方・下ごしらえをご紹介しております。「料理好奇心」




関連記事


2008年11月20日

おおー! 残量塩素試薬で水道水がピンク色に〜

先月、レベラックの年末キャンペーンで購入した
「クリーニングユニット」「交換用浄水フィルター」
10月中だけ、おまけで付いてきた、

「残量塩素試薬3個」。



レベラックの通販でも「残留塩素試薬分包10回分」が
購入できるのですが、
なかなか注文するタイミングがなかったので、
今回はラッキーるんるんといった感じです(^^)

というのは、実験したいなぁ〜なんて思っていたのでハートたち(複数ハート)



さて、この残量塩素試薬を
レベラックで生成された水で溶かすことで、
浄水フィルター交換の時期を、見ることができます。

試薬についてきた使用方法を見ると、
水に塩素が残っていると水がピンク色に染まるというのです。



それならば、レベラックを通した「浄水」「水道水」で実験exclamation 


その結果がこれですexclamation


塩素試薬で実験!



レベラックを通した浄水は全く変化なし。


水道水は入れたとたんに、
ぱあぁ〜っとピンク色に染まりました(・・)oh!




ということは、我が家のレベラックくん、
まだフィルター交換の時期ではないみたいですね手(チョキ)



でも、3〜6ヵ月毎くらいには、
定期検診(レベラックのお掃除)は必須なので、
「クリーニングユニット」の登板もそろそろです。



さて、この残量塩素試薬、
「強酸性水」を測ることも出来るのですヨ(^^)b


それを試したのがこれexclamation


強酸性水のチェック




濃いピンク色に変わってますよね。

ちゃんと生成されているのがこれでもわかります(^^)

いつも使っているpH値測定薬や試薬ペーパーと並行して使うと、
生成水のチェックに役立ちますよ手(グー)


【参考サイト】
株式会社エナジック|電解促進液




関連記事

2008年11月19日

かたくなったお餅を柔らかくする方法

お餅はお正月だけに食べるものではないのです(^^)b

今は個別包装のお餅パックが一年中販売されているので、
ちょっとしたおやつに、おかずに
(これらかの時期は鍋に入れると美味しいですよねレストラン)、
お餅を活用することがあります。



が、やっぱり、お正月以外の時期は、
冷蔵庫の隅っこでちょっと悲しい状態になっている、
お餅を発見してしまうこともあるんですなぁ〜(^^;;;) 


個別包装ゆえ、水分が抜けてカピカピということはなくても、
賞味期限がせまっているお餅。。。。。。あせあせ(飛び散る汗)


硬くなったお餅類を柔らかくする方法ってあるのかなぁ〜〜と、
探してみたら、あったあったexclamation×2



硬くなったお餅を「酒」にくぐらせて、ラップをし、
蒸し器で15分ほど蒸す


のだそうです。

餅に水分を与えるのは予想をしていましたが、
水ではなく「酒」にすることで、水っぽくならなくて、
もちもち感が甦るみたいですよぴかぴか(新しい)



以前に、水に浸してから電子レンジでチンexclamationした時、
加減がわからず、お餅がテロテロになったり、
逆に水分を飛ばしすぎて、カピカピにさせて
しまったことがあったのです(^^;;;)

蒸し器を使うと、もちもちっとしたお餅が復活するのですね。



これって、硬くなった「お団子」とかにも、
応用できるのでしょうか? 

今度、試してみたいと思います揺れるハート


【参考サイト】
中京テレビニュース「リアルタイム」・食卓の秘密:硬くなった餅が変身!美味しいアイデア料理
タグ:
posted by はっち at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | お水で美味しく

2008年11月18日

栗のアク抜きにはミョウバン水

収穫の秋、実りの秋。

木々も色づき、木の実も熟し・・・



となると「栗」は秋の味覚の代表ともいえますよね。


しかし、我が家(特に私)は、栗が苦手(^^;;)


皮むきが面倒なのと、小さい虫が入っていることが多かったので、
ちょっとトラウマが。。。バッド(下向き矢印)



なので、栗そのままを味わうということが、極端に少ないのです。


しかし、そんな我が家にもらいもので、栗が到着(^^;;;)  

うーん、こうなったら、栗と格闘するしかないやぁ〜
ということで、
ネットで栗の皮むきを探してみましたサーチ(調べる)


(1)湯の中に2〜3時間(60℃のお湯で半日以上もあれば、
   熱湯につけて冷めるまで説もあります)つけておくと、
   鬼皮が柔らかくなってむきやすくなる。

(2)軽くゆでてから、いったん冷凍する。
   それを少し解凍したところでむくと渋皮もきれいにむける。



ふむふむ、両方とも「お湯」がポイントなんですね〜。

この時に還元水を使ったら楽にできるかな?



と、そしたら渋皮まで剥いたら、アク抜きをするのだそうです。

使うのは「ミョウバン水」。

30分(2時間くらいというのもありましたね)ほど、
この水にさらしてあく抜きをすると、
黄色の栗に仕上がるのだとか。



へえ〜〜(・・)。

もしかすると、意外と楽に皮むきってできちゃうのかな? 

アク抜きも重要なのね。


ちょっとがんばってみようかな?

【参考サイト】
栗の保存方法
栗のむき方(鬼皮・渋皮・ミョウバン水であく抜き):自家製生活レシピ☆楽しい毎日の作り方




関連記事
posted by はっち at 14:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2008年11月16日

「水のある生活」はここでも紹介されていま〜す

早いものですね〜。

このブログを書き始めて、
もう500回以上になるんですよね(^^;;)


このブログを通して、いろいろな人と情報交換ができたりして、
飛んできてくれる皆様に、とっても感謝しています(^^)/
 



水つながりで、レベラックにも出会えるようになったし。。。




そうそう、実はこのブログ、レベラックを販売している
エナジックの販売店情報誌『E-Friends(イーフレンズ)』
掲載されているのですよ(^^)b


載っちゃった・・・(///∇//)




今年始めに、「ミクシィ」を通して、
イーフレンズの制作スタッフの方から、

「レベラックの情報誌に、
ブログの内容を連載で掲載したいのですが・・・」


と連絡をいただいたのですmail to



レベラックが我が家に来てから、
レベラックの販売店の方から時々読ませていただいていたので、、

マジびっくり(^^;;;)



そして、2月から連載が始まり、
今月の11月号で9回目になりましたるんるん

今月号は
酸性水風呂で『ぬめり』や『赤シミ』がスッキリ除去!
が掲載されています。



このように紹介していただくと、さらに勉強しなくてはexclamation×2

という意欲がわいてきますネp(^^)q




イーフレンズには、医学博士の前田先生がお書きになっている
「メタボリックシンドロームAtoZ」の連載や、
実際にレベラックを使っている方々のお話、
電解水に関してのミニ情報などが掲載されています。

時にはちょっとお堅い感じの内容もありますが(^^;;)
読み応え十分本

とっても勉強になりますヨ(^^)

【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック




関連記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。