2008年11月11日

温泉水を使った焼酎とは?

いつものように、ネットをふらふらとお散歩くつ
(ネットサーフィンですね(^^;;))していた時に、
目にとまったのが

「温泉水を使った焼酎」

という文字。



焼酎は苦手な私ですが、
使用している「水」を強調しているともなれば、
とたんに興味がわきます(笑)




さて、その焼酎というのは「本格焼酎 財宝」という商品で、
原酒(アルコール度数:37〜43度)を、
温泉水で割ってアルコール度数を25度くらいに
仕上げたもののようです。


ということは、原酒に比べると、
飲みやすくなっていると考えられます。



さて、そこで私が気になるのは「水」ですexclamation 

鹿児島県は桜島の麓、地下1000メートルの深さから
湧き出る「財寶温泉いい気分(温泉)

硬度が4mg/L、pH値が8.9と書いてあったので、
超軟水でアルカリ性の水になるみたいです。

私は、このお水にはまだ出会ったことがないですが(^^;;)
かなり有名なお水のようですね。



天然アルカリ性のミネラルウォーターは、
今までも3本試していますが
(富士ミネラルウォーター、ひょうたんから水、金城の華)
それらよりも、硬度が一番低く、pH値が一番高いので、
どんな味わいなんでしょうね。

硬度からすると、とてもまろやかにも思いますが、
pH値が高いのでスッキリとしたところもあるのかな?

お酒との相性が良いということは、クセが少ない水なんでしょうね。



焼酎も水もとても気になってきました(^^;;)

【参考サイト】
本格焼酎財宝|飲む温泉水・焼酎の財宝




関連記事


posted by はっち at 14:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気になる「水」関連商品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。