2008年11月13日

水の飲み方でメタボ予防対策になるの?

健康維持のためにも
「ちょこちょこ水分」は大切ですよね(^^)v 


そして、この「ちょこちょこ水分」、
メタボ予防対策にもなるのだそうですよ。



それは「水を飲むタイミング」と「水の飲み方」がカギパスワード


昼間のテレビTVで放送していたものなのですが、
1日に必要な水分(約2500ml)を、
タイミングよく摂取することで、
メタボ改善にプラスになるというのです。




その流れというのが


1朝起きたらコップ1杯半(300ml)の冷水

2朝食時にコップ1杯(200ml)の水を噛みながら摂取
 (ここでは、食事の時のお茶やコーヒーは
 1日の水分に含まれると説明していました)

3午前中は500mlの常温水でレモン水がベストなのだとか

4昼食前にコップ1杯(200ml)の炭酸水
 (発泡しやすいように氷を入れるのがよいそうです)

5昼食時にコップ1杯(200ml)の水

6午後は500mlの常温水。
 硬水のミネラルウォーターがおすすめのようです。

7夕食前にもコップ1杯(200ml)の炭酸水

8夕食時にコップ1杯(200ml)の水。

9お風呂の後にコップ1杯(200ml)の温水(約40℃)を摂取



このようなタイミングと量ならば、
水分ってとりやすいなあと思いませんか?

これを続けることによって、
内臓脂肪が燃えやすくなるのだそうです。



これが、「ちょこちょこ水分」のタイミングなんだなぁ〜と、
あらためて納得しました。



【参考サイト】
おもいっきりイイテレビー水を飲むタイミングでメタボ改善!



関連記事


タグ:メタボ 水分
posted by はっち at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。