2008年12月15日

パーティーの後片付けも楽になる?「水に溶ける紙ふぶき」

早いですねぇ〜〜。

もう12月です(><) 

もう忘年会の季節ですビール

クリスマスもやってきます。

そして、なにかと気ぜわしい師走だったりします 雪
ジタバタ (((o(><;) (;><)o))) ジタバタ。




大人は師走でバタバタ気分ですが、
子供達にとっては、もうすぐ楽しいクリスマスクリスマス


お友達を集めてクリスマスパーティーをやりたいexclamation×2 

と、言い出しました( ̄▽ ̄;) ハハハハ


お部屋を飾り付けして、くす玉なんかつくって、
紙ふぶきも作って・・・かわいい


と、勝手に盛り上がっています( ̄▽ ̄;)


イヤイヤ、困りましたなぁ。

紙ふぶきなんてやられた日には、後片付けが大変なのに(><)。






さて、パーティーグッズをネットで探していたら、
「水に溶ける紙ふぶき」というのを見つけました。

特に、屋外で紙ふぶきを使用した時には、
小さい紙切れを残さず集めるのは大変むかっ(怒り)

この紙ふぶきは、撒いたあとで水をかけるか、
ホースで散水すれば、簡単に除去可能ダッシュ(走り出すさま)


それも粉末状に溶けるので、跡形もなく消えてしまうようです。



純植物性で作られているので無公害という、
とっても「エコ的」な紙ふぶきなんですね。




お家で撒かれるのは、どうかなぁ〜とも思いますが(^^;;)

新聞紙を細かく刻まれて、
ゴミが増えるよりはこれを利用してみようかなぁ〜、
なんて思ってしまいました。



紅白もあるみたいですが、赤の紙ふぶきは色落ちしませんかね?


【参考サイト】
水をかけると瞬時に溶けて消滅する「水に溶ける紙ふぶき」




関連記事


posted by はっち at 15:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2008年12月14日

ご飯を炊くときに「蜂蜜」を入れると美味しくなる?

ご飯を美味しく炊く方法について、
子供達が友達のお家から情報を仕入れてきました。


「ご飯を炊くときに蜂蜜を入れると、
ご飯が美味しく炊きあがるんだってexclamation×2






ハイ?( ̄0 ̄;ノ)ノ  蜂蜜ですか?

なんかベタベタしそうなんですが?? 




そんな方法もあるんだぁ〜と思いつつ、
どうも即実行にも踏み切れず、
実験する前の下調べでネットをザザザザぁ〜っと、
飛んでみました(^^;;;) 

そしたら、ありました、ありましたひらめき

ご飯を美味しく炊く裏技の一つなんですね。



お米二合に対して、小さじ1杯の蜂蜜を水に溶かし
30分〜1時間浸けてそのまま炊くのだそうです。

なるほどぉ〜φ(.. )

 

でも水には蜂蜜が溶けにくいように思うのですが、
「湯炊き法」
(参照:急いでごはんを炊きたい時は、お米を湯炊きする
を使ったら、蜂蜜も溶けやすそうな(^^ゞ

蜂蜜を加えてご飯を炊くと、酵素がでんぷんを分解し
ご飯の甘さを出やすくしてくれるので、
美味しくふっくらと炊きあがるのだそうですよ。



また、いくつかのサイトを見てみると、新米ではなく、
古米やマズイお米を炊くときに使ったほうが、
よりその効果がわかるのだとか。


無洗米でも大丈夫かな? 

今度試してみます(^^)



ご飯を美味しく炊く裏技って、いろいろあるみたいですね〜。

一つ一つ試してみたくなりましたかわいい

【参考サイト】
はちみつ生活 レンゲ印 日本蜂蜜株式会社




関連記事
タグ:炊飯 蜂蜜 ご飯
posted by はっち at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2008年12月12日

汚れがスッキリと落ちる「煮洗い」とは?

汚れは、洗濯機任せでは落ちない場合もあります。

黄ばんだり黒ずんでしまった衣類は、
思い切って「煮洗い」をすると、
スッキリ汚れが落ちるのだそうですよ(^^)b



ええ??? 洗濯物を煮る??? 


そうそう、鍋でグツグツ。。。。



フキンを消毒する時に、鍋で煮たことありませんか? 

あーんな感じだそうです。



うーん(^^;;;) でも 料理をつくる台所で
洗濯物を煮るのも何か抵抗がありますね・・・・




という場合は、洗濯専用のお鍋を調達してはいかがでしょう。

使用する鍋は、ステンレスやホーロー鍋がベスト。

アルミの鍋は洗剤や石けんを入れると変色するのでNGです。





さて、煮洗いに適した素材は「綿」や「麻」など丈夫なもの。

シルクやウール、熱に弱い素材を使っているものは、
煮洗いには不向きなんで要注意ですヨ
位置情報



さて、煮洗いを紹介しているサイトのほとんどは
「粉石けん」を利用していますね。


それによると、水1リットルに対して、
粉石けんを小さじ2杯をよく溶かし、
煮洗いするものを入れて、
吹きこぼれないように弱火で20〜30分煮ます。

その後は、水で薄めて(少し冷めてからという方法もあります)、
そのまま手洗い。

汚れが酷い場合は、その部分に石けんをつけて
ゴシゴシと洗います。

お湯でよくすすいで、脱水をして洗濯完了exclamation



黒ずんだシャツなどの煮洗いには、酸素系漂白剤を
併用するとさらに効果的なんだとか。

使用する水を「還元水」とか「強還元水」だったら、
洗剤は必要ないのかな??? 

旦那さんの白Tシャツを実験台にしようかしら(・・)


【参考サイト】
煮洗いの方法 石けん百科
煮洗い〜石けん生活〜




関連記事
posted by はっち at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 水の種類

2008年12月11日

環境に優しい楊枝は「水に溶ける楊枝」

歯の間に詰まった食べかすを取る道具
としてよく用いられる、爪楊枝

お弁当を買った時、箸袋の中に一緒に
入っていたりもしますよね。

それ以外でも、調理用の道具として使ったり、
果物やお菓子など、食品をつまむ時に使用したりと、
地味な存在なのですが、けっこう私達の生活の中でには、
しっかりと根付いていたりするのです。




さて、爪楊枝の素材というと
「木」や「プラスチック」を思い出しますが、
最近の環境を考えた爪楊枝は
「とうもろこし、じゃがいも等の澱粉で作った穀物100%」。


そしてこの爪楊枝は『水に溶ける』のです(^^)b


澱粉で作られているので、廃棄しても自然分解が早く、
分解条件にもよりますが、
土中であれば数日で完全に分解してしまうというのですー(長音記号1)


これが、
木製だと1年〜2年
プラスチック製だと50年〜100年
もかかるというのには、びっくり(@@) 




この爪楊枝ならば、食品の食べ残しや
生ゴミに混ぜて破棄されても、
その中で溶けてしまうってことですよね。

これならば、燃えるゴミを出す時に、
爪楊枝の先端が袋を突き破って
危険な目に会うこともないですね(^^;;;)



ただし、煮込み料理などで食品を留める時に使うとか、
水分の多い食品などには不向きなのかしら? 

 と思ったのですが、

澱粉でできたお皿などと同じようなものだったら、
普通に使うには問題がないので、使用中はけっこう丈夫で、
『ゴミ』となってからは、自然に還元されるのが
早いってことなんでしょうね(^^)

【参考サイト】
株式会社旭創業 環境配慮商品スマイル楊子




関連記事
posted by はっち at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年12月10日

鍋料理のアク取りの方法とアク取りポイント

鍋料理を仕切る人を『鍋奉行』と呼びますよね。

そして、アク取りの作業を担当する『アク代官』



せっせと、浮いてきたアクはこまめに取りすぎると、
せっかくの旨みも取り除いてしまいかねないので、
上手にアク取りをするのが、鍋料理の美味しさを
左右するとも言えそうですね。

けっこう、『アク代官』担当は重要任務ですexclamation




ところで、アクの取り方にはいろいろあるようで、
アク取り専門のブラシやお玉、網などといった
キッチンツールを使っている人も多いのでは? 


我が家での鍋のアク取りに登場するのは、
お玉もありますが、『キッチンペーパー』や『和紙』を
アク取りシート替わりに使って、
浮いてきたアクをなぞるように吸い取っています。



他にも、くしゃっとしたアルミホイルをアクが浮いてきた時に
かぶせて、泡になっている部分を取り除く
というのもあるようです。



そしてお玉やブラシなどですくったアクを捨てた後、
お椀などに用意した『水』にお玉などをくぐらせ
アクの泡をとると、とったアクが鍋に戻らずに、
続けてアク取りができるんです(^^)b




さて、アク取りのポイントとはexclamation&question


だし汁が煮立ったら具材を入れて煮だたせ、
具材のアクを出させます。

その後、弱火にして、プクプクとでているアクを、
ササっと一度だけ取り除くのだそうです。



その後もプクプクとアクの泡がでてきますが、
旨みを残すためにも、
取るのを我慢したほうがよいようですよ(^^)b


【参考サイト】
料理レシピ:特集「鍋を極める」




関連記事
タグ: アク
posted by はっち at 18:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。