2008年12月18日

ライスペーパーは『酸性水(酸性電解水)』でもどすのがベスト

生春巻きに挑戦!



子供達のクリスマスパーティーに、
作ってあげようかなと思っている『生春巻き』

今日は、予行演習で作ってみましたるんるん


とりあえず、なんか形になっているかなぁ〜とは思うのですが(^^;;)




ライスペーパーは少量の水でもどして使いますが、
この時にちょっとでも水をつけすぎると、
ペーパーがくっついて破れてしまったり、
逆に少なすぎても、もどしきらない状態になったりと、
皮が薄いだけに扱う時にちょっと慎重になってしまいます。



それならば、使う水によって
この問題を解決することができるのか
exclamation&question 

ということで、還元水と酸性水(酸性電解水)を使い、
ライスペーパーのもどし比べをしてみました。




さて、今回のもどしかたは袋に書いてあった、


(1)ぬるま湯にライスペーパーを軽くくぐらせ、

(2)キッチンパーパーにはさみ、

(3)1〜2分おく、


という方法をとりました。





その結果は・・・・・・。






酸性水では、キッチンパーパーにはりつくこともなく、
きれいにもどりました(^^)



逆に還元水ではくっついてしまって、はがす時に失敗(><)。




ライスペーパーをもどす時には、
酸性水を使ったほうがいいみたいですね。

酸性水って、おそばやパスタを茹でるとシコシコ麺になるので、
粉もの系と相性がいいのかなぁ〜と思いました。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水




関連記事


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。