2008年12月21日

風邪も吹き飛ぶよ! ゆず湯で温まろう♪

揺れるハート今年は、12月21日が冬至です(^^)。


冬至は、二十四節気の一つで、
一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。

寒さもこれからが本番になるんだろうなぁ〜雪
なんて感じもしますよね。



さて、冬至といえば、思い出すのは
「冬至かぼちゃ」「ゆず湯」



冬至の日にかぼちゃを食べ、ゆず湯に入れば風邪をひかない、
病気にならないと言われ、無病息災を祈るため、
昔からの慣わしでこのようなことが行われているのです。




この日に銭湯では、
「ゆず湯」を行うところも多いですよねいい気分(温泉)

近くに銭湯がないので、あの大きな浴槽にとっぷりと
浸かりながら体を温めるのができないのが、
ちょっと寂しい・・・。




となれば、家庭のお風呂で
「ゆず湯」を実行してみたいですね(^^)。

そこで思ったのは、ゆず湯に使う「ゆず」は、
そのまま使うのか、切って使うのか、皮だけ使うのかexclamation&question 



あるサイトの説明では「果実を丸ごと使う」とありました。

半分に切ってそのまま風呂に浮かべてもよいし、
絞り汁を入れてもよいのだとか。


ゆずの皮に含まれている芳香油の作用は、
肌をスベスベにして湯ざめを防ぐのだそうですぴかぴか(新しい)




我が家は「酸性水(酸性電解水)風呂」に、
「ゆず」を浮かべて「ゆず湯」を楽しむ予定ですexclamation×2


とっても体が温まりそうな感じがします(^^)

【参考サイト】
冬至とゆず湯(東京都浴場組合ホームページ)
ゆず湯(柚子湯)の入り方と効能効果|風呂と入浴法を楽しむ『湯の国Web』
冬至 日本文化いろは事典


関連記事


posted by はっち at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。