2009年01月15日

蛇口の中に入っているギザギザ板の役目って?

「ねえ、蛇口を下からのぞくと
ギザギザしたものが入っているけど、なんで??」




と、突然、子供からの質問が飛んできました(^^;;) 


どうも、蛇口をさわったら、何か入ってるみたいだから、
ナンだろう?と、のぞき込んでいたようです目



「ちょ、ちょ、ちょっと調べてみるから、後からね〜」
と時間稼ぎをし、ネットで探し回る、母の私(^^;;;;;)




そのギザギザの正体は「整流板」。

レベラックのフレキジブルパイプの先端にも、
この「整流板」は取り付けられています。



整流板は、蛇口から水がまっすぐ出るように調整する金具で、
水の飛び散りを防ぐ役割があるのですダッシュ(走り出すさま)

水道水は蛇口に達するまでに、
長く曲がりくねった水道管の中を通ってくるため、
その運動の慣性が残っているので、この板がないと、
安定して水が流れてこないのだとかー(長音記号1)



ふむふむ、なるほどφ(.. )

縁の下の力持ち的な役割なんですね。


ということは、この整流板が壊れていたり、
詰まっていたりすると、水はちゃんと流れてこない
ということですよねあせあせ(飛び散る汗)


レベラックの整流板が汚れた時は、
強酸性水(強酸性電解水)もしくは酢水につけて、
カルシウムを溶かすようにしてから、汚れを取り除くとよいので
(参照:浄水フィルターの交換時期の目安)、
水道の蛇口の整流板にも応用できそうな感じがしますひらめき





とりあえず、この答えで納得してもらえるかな?(^^;;)


【参考サイト】
水 道 教 室・豆  知  識


関連記事


posted by はっち at 16:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水の種類

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。