2009年01月17日

美味しい味噌汁のポイントは沸騰させないこと

お味噌汁の具で好きなのはなんですか? 

 
我が家では、

旦那さん「ネギと豆腐」、

子供達は「ワカメ」、

私は「油揚げとタマネギ」。


好みが分かれてますね(^^;;;) 



さらに、私や子供達は「具だくさん派」
旦那さんは「具は少なめ派」。

食卓のメインになりにくい味噌汁ですが、
なんとなくこだわりみたいなのを持ってたりしますよね。




さて、味噌汁を作る時
「味噌を入れてからは沸騰させないexclamation
といわれます。


味噌汁は「煮えばな」が美味しいというには、
理由があるのです(^^)b



それは、長時間加熱したり、
何度も煮返すと香りや旨みが失われることバッド(下向き矢印)

そして、味噌に含まれている微生物や酸素を殺してしまい、
これらの体内での効果が期待できなくなるためなんだとかバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)




味噌の香りと旨みの両方を最大限に引き出すためには、
だし汁が沸騰したら火を止めて温度を下げ、
みそをだし汁の中で溶かしてから、再度火をつけて、
みそ汁の表面がグラッとゆれたら火を止めるのです。



我が家では、少しクツッと軽く沸騰させたほうが
味的に好みなので、
美味しい味噌汁の基本からは少し離れますね(^^;;)  




グラグラ煮立てると、味噌汁が焦げてしまったり、
酸味が強くなったりして、
せっかくの味噌の味も香りもとんでしまうので、
避けたほうがいいですよ(^^)b

【参考サイト】
■みそ汁はなぜ「煮えばな」がおいしいのか-日本味噌株式会社



関連記事


posted by はっち at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。