2009年01月21日

かたくなったフランスパンは霧吹きで水分をシュッシュ!

美味しいパンが手に入った時は、
幸せな気分になります(*^^*)


フランスパンもけっこう好きなのですが、
ちょっと日がたつと、
カチンカチンにかたくなってしまってあせあせ(飛び散る汗)

焼きたての外側パリっと、
中がふんわりという、あの食感はどこへやら。




かたくなったお餅は
「「酒」にくぐらせて、ラップをし、蒸し器で15分ほど蒸す」
(参照:かたくなったお餅を柔らかくする方法
と、水っぽくならなくて、もちもち感が甦るのですが、
カチンカチンになってしまったフランスパンは
どうしたらいいかなぁ?



とネットを飛び回ってみたら、ありましたぁ〜るんるん 

水分を与えれば復活するのは予想していましたが、
「霧吹き」を使って水分を与えるのが良いみたいです(^^)



1好みのサイズに切ったフランスパンの
 切り口のところに、霧吹きで水を吹きかけ。

2あらかじめ2分ほど温めておいた、
 オーブントースターにいれて、

31、2分焼き上げれば出来上がり☆



アルミホイルに包んで焼くと、
水分も逃げず高温で焼くことができるので、
さらに美味しく焼けることができるのだそうですよぴかぴか(新しい)



また、フレンチトーストにしたり、
カリカリのラスクにしたり、
細かくくだいてパン粉にしてしまったりと、
利用方法っていろいろありますね(^^)b 




【参考サイト】
ふんわりフランスパン




関連記事


posted by はっち at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。