2009年01月29日

「もやし」の保存に「水」を使うのはダメ?

「もやし」ってとっても便利な野菜ですよね〜。

安くて量も多くて、栄養もあってかわいい


あんな、色白でひょろりぃ〜としているのに、
ビタミンCやカリウムを多く含んでいるのだそうですよ。

「もやし」って、かなりパワーのある野菜なんですね(^^)b




さて、「もやし」の保存方法ってどうやっていますか?


私の場合、使い切れなかった「もやし」は、
密閉容器に還元水をはって、
「もやし」を水保存をしていました。

このほうが、長持ちするというし、
シャキシャキ感も損ないませんからね。



ところが、この水保存方法。

「もやし」の栄養価が損なわれてしまうので、
NGというのをテレビでやっていたのです(××)




ええ〜と思って調べてみたら、
なんと、長い時間水の中にさらしていると、
もやしに含まれているビタミンCが水に溶け出してしまい、
栄養価が損なわれてしまうのだそうですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

すぐに調理する場合、短時間水にさらしておくのは、
問題ないみたいですよ。



ベストなのは、ポリ袋やジッパー付きの真空になる袋に入れて、
中を真空状態にして野菜室でなく「冷蔵室」で保存。

調理中に残ってしまった「もやし」は、
軽くサッと茹でてから水気を良く切り、
密閉容器に入れておくのだそうです。



「もやし」は鮮度がとても早く落ちてしまうので、
基本的に買ってきたその日に使い切るようにして、
残った場合は2日前後以内に使い切るのがよいのだとか。




水保存があたりまえと思っていたので、
ちょっと意外でした。(^^;;;)

【参考サイト】
もやし(モヤシ)の保存方法と栄養成分その他【食の知恵袋】



関連記事


posted by はっち at 10:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。