2009年02月14日

チョコレートを湯煎できれいに溶かすコツ

娘1号作(といっても半分はっち作(^^;;))、
手作りチョコの完成〜プレゼント

「いちごのチョコレートがけ」です(^^)


手作りチョコの出来上がり♪




下ごしらえには、レベラックくん大活躍でしたよ。

いちごの洗浄には、強還元水で洗った後に
還元水でもよく水洗い。


チョコレートを溶かすためのボウルや
トッピングする時に使うピンセット、
まな板などは強酸性水(強酸性電解水)で洗浄除菌。


そうそう、忘れちゃいけない調理前の手洗いにも
強酸性水での洗浄です。

子供と一緒に作る時には、こういったことも確認しながら
教えていくのが大切ですよね(^^)b




さて、今回はチョコを「湯煎」にかけないといけません。

この湯煎に失敗をすると、きれいに溶けないだけでなく、
味も落ちてしますのですバッド(下向き矢印)



きれいに美味しく溶かすポイントは、

黒ハートおだやかに加熱すること(急激に加熱しない)

黒ハート正確な温度で溶かすこと(45〜50℃キープ)

黒ハート水蒸気も含めて、絶対に水分が
チョコレートに混ざらない状態を保つこと。



(各詳細については参考サイトを見てね)

「水分」混入はツヤも滑らかさもなくなり、味もおちるので、
絶対NGなんですって(××)



ポイントをおさえてながら溶かしてる状態がこれカメラ


いい感じに溶けてますな



チョコがきれいに溶けてくれました(^^)


作業が完了するまでは、鍋からボウルをはずさず、
適正温度をキープした状態にしておくのも大切ですひらめき

そして、作業が全て終わって、
ボウルについたチョコをお湯できれい落として
「ホットチョコドリンク」で締めくくり(*^^*)


ホットチョコであったまる〜 



そのまま洗って流してしまうには、しのびなかったので(^^;;)


ちなみに、出来上がったチョコは「大好きなパパ黒ハート
メッセージ付きで進呈されましたexclamation×2 


旦那様デレデレです(笑)


【参考サイト】
チョコレートを美味しくきれいに溶かすコツ「湯煎」 くらしと生協のココロ



関連記事


posted by はっち at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。