2009年03月08日

「水分補給のためのとろみ調整食品」って何?

「水分補給ゼリーのもと」という
新商品のプレスリリースを見つけました。

そこには
「水分補給のためのとろみ調整食品」と書いてあります。


私はいままで目にしたことがなかったので、
何かなあ〜とそのリリースをじぃーっと読んでみる・・・・目


これは、日本介護食品協議会が定めた、
「ユニバーサルデザインフード」という、
食べやすさに配慮した食品の総称の中で、
粘度や具材の固さに応じて「区分1〜4」の4つに分類した食品と、
飲み物や食事を食べやすいように調節する
「とろみ調整」食品に分けられるのだそうです。


区分4の表示が「かまなくてもよい」となり、
さらに飲み物や食べ物を摂取しやすくする
「とろみ調整」商品には、
ゼリー状の商品が該当するみたいですね。




高齢化などで水やお茶などの水分を
スムーズに飲み込むことが難しくなると、
水分の補給を敬遠しがちになってしまうのだそうです。

そのため、水分を飲み込む力に応じた状態で十分摂取することが、
高齢者の健康維持にとって重要ということで、
開発されたのがこのゼリー



1袋を水100mlに溶かして3分間待つだけで、
人間の体液と同じ浸透圧のゼリーができあがり、
効率よく水分を体内への吸収させてくれるのだとか次項有

介護の仕事をしている友人から、

「私達はあたりまえに食事や水分を摂るっているけど、
高齢の方には、水を飲むことも一仕事って場合もあるんだよ」


という話を聞いたことがあったので、
このような商品がその手助けになるんですね。



【参考サイト】
 <水分補給のためのとろみ調整食品>キユーピー やさしい献立「水分補給ゼリーのもと」「緑茶ゼリーのもと」 ニュースリリース キユーピー



関連記事


posted by はっち at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年03月06日

上手な食器の洗い方で節水効果もアップ!

食器を洗う時に水を流しっぱなしダッシュ(走り出すさま)で使うのは、
水道代がかさむだけでなく、
水資源を無駄にしていることにもなりますよねバッド(下向き矢印)

洗い物をする時にも、ちょこちょこ水栓をとめたり、
場合によっては、洗い桶に水を汲んでおいて、
ちょこちょこ使用したりするのがベスト(^^)


さらに、もっと効率よく上手に洗い物をすることで、
節水効果をアップさせることができるのです。


そのポイントとは、

1食べた後は置きっ放しにせずにすぐに洗う。

 (水に浸けておくのは汚れが他の食器に移り、汚れをひろげてしまうので浸け置きはNG。)

2汚れたお皿は重ねない。

 (食器の裏側にも汚れがついてしまい、余分な水を使うことになります。)

3洗剤を使って洗う時には、かならず水を止める。

 (ここが一番の節水ポイント(^^)b  まずは、汚れ落としに専念)

42度洗いをしなくて済むように、しっかり洗う。

 (一回で済めば、余計な水は使わずに済むのです。)

5すべての食器を洗い終えてから、すすぎをする。

 (もし、汚れが落ちていないものがあったら、最後にまとめて洗剤をつけて洗い直し。)



このような節水ポイントを守って食器洗いをすることで、
1日に最大71リットルも節水


お風呂だったら半身浴できちゃうくらいの水の量ですよね。

それを1ヶ月続けると10トンのタンクローリー
約4台分
になるんだそうです(@@)。

すごーいexclamation


これは、節水しがいがありますね〜。

今日からみんなで、
頑張って食器洗い節水してみましょぉ〜exclamation

【参考サイト】
日本水フォーラム 節水リーダー お皿洗いでの正しい水の使い方



関連記事
posted by はっち at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 水と環境

2009年03月05日

こんなところで見つけちゃったヨ。レベラックの記事

旦那様がたまぁ〜に買ってくる夕刊紙本

男性向けの内容が多いですが、
けっこう楽しみながら、私も読んでます(^^)



ちょっと前の話なのですが、2月26日の夕刊フジに、
なぁ〜んと、レベラックの記事が
掲載されているのを見つけてしまいましたexclamation×2 

なんかうれしい私るんるん 


そして、写真をパシャカメラ



新聞を開いてびっくり





還元水で健康増進exclamation 

強酸性電解水で衛生環境向上exclamation




たしかに、そうですよね。

我が家もレベラックくんが来てから、
毎日の飲用水や調理にはもちろん、掃除にも美容にも
フルに活用しています(^^)

紹介文には、各電解水の特徴が解説してあり、
そーだよねぇ〜って読んでみる目


記事を読んでてあらためて
「厚生労働省医療機器製造承認・日本成人病予防協会認定の機種」
ということを思いだしました(^^;;)

だから、「健康の水」「衛生の水」としておすすめできるんですよね。



さらに「還元水」が「KANGEN WATER」の名前で、
北米やドイツ、香港、台湾でも使われているなんて
うれしいなあ。

3月にはメキシコにも拠点ができるということなので、
ここでもレベラックくんは大活躍してくれそうですよね(^^)



そういや、記事中では「強酸性水」を
「強酸性電解水」と表記していますね。

実は、最近私もちょっと気になっていたので、
酸性水や強酸性水には
“電解水”の文字を入れるようにしてたんです。


化学薬品の酸性水、強酸性水と間違えられることもあったので、
これは水道水を電気分解をしてできた水なんだよぉ〜って、
知ってもらいたいなあという願いもこめてました(^^)

これをきっかけにして、
「強酸性電解水」とか「酸性電解水」の
名称も定着するといいですよね。


【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック


関連記事

2009年03月04日

天然炭酸水「aWa心水」を使ったパン

輸入食品類による食への不安から、
「国産」「地産地消」といったキーワードが
ニュースにも多く登場するようになってきたように思います。

日本って食料の約6割を海外に依存している状況なんですよね(××)。

これって将来を考えたらとっても問題かもあせあせ(飛び散る汗)



自給率をあげる方法の一つには
「国産の材料で商品作り消費をしていく」こと。

その動きの一つになると思うのですが、
「地ぱん」作りに取り組んでいるメーカーが福島県にあるのです。

国産の米、小麦、雑穀などを材料にし、
それに福島県産の天然炭酸水「aWa心水」と
「伝承会津 あまざけ」を使用することになったのだとか。



「aWa心水」は奥会津の袖山から湧き出る、
天然の炭酸ガスを含有する冷鉱泉で、れっきとした温泉水いい気分(温泉)

そして、飲んだ時に口の中ではじける炭酸が、
とても細かくて柔らかいのが特徴です。

この天然炭酸水を使うことでパンの食感がソフトになり、
甘酒を入れることで甘味とうまみが増すのだとかグッド(上向き矢印)



水が美味しいと、やっぱりパンの味にも反映されるんですね〜(^^)

首都圏でも取り扱っている店舗が3件あるそうなので、
今度チェックしにいってきたいと思います家

【参考サイト】
農林水産省/食料自給率の部屋
パン生地に炭酸水や甘酒混ぜ込み(福島民報)



関連記事
posted by はっち at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年03月03日

冬だけではないのヨ! インフルエンザ対策

体調管理には気をつけていたのですが、
不覚にも先月は子供達とともに、
インフルエンザでダウンしました(^^;;;)  

思ったよりも重くならずに済んだのは、
予防接種をしていたのと毎日の予防策のおかげ。


もちろん、インフルくんにかかっていた期間には、
「強酸性水(強酸性電解水)」が大活躍でした。

うがい、手洗い、食器類の洗浄除菌
(もちろん、ワンコの食器類も)。

お部屋にもシュシュとスプレーしたりもしてましたヨダッシュ(走り出すさま)



今年の流行は山を越えたようにも思いますが、
冬を過ぎたからといってインフルエンザの予防や対策を
おこたってはいけないのです(ーー)b



昨年末あたりから「新型インフルエンザ」の言葉を、
よく目にしたりしませんか? 

この新型インフルくんは、
動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが
人に感染したあと変異し、人類のほとんどが
免疫を持っていないために、
容易に人から人へ感染する可能性が高いのです爆弾


現在、新型インフルエンザ発生は認められていませんが、
既存の薬では対応できない可能性もあるので、
万が一のことを考えて、
個人でも予防や対策をしておく必要があります。


そのためにも「外出後の手洗いやうがいの習慣」は
徹底しておきたいですねひらめき

それに、十分な休養とバランスの良い食事で、
体力や免疫力を高めておくことも大切です。


さらに、新型インフルエンザが流行した場合、
外出ができなくなったり、
物資の流通が停滞することもありえます。

そのため、普段から食料品や日用品を備蓄しておくことが
望ましいのだそうです。

災害時の対策と同じなんですね。


もちろん、水の備蓄はとっても大切なので、
「1日1人最低3リットルの飲料水を最低3日間分」
目安に準備しておきましょうね。
(参照:いざ! という時のための「水」。ちゃんと用意していますか?


【参考サイト】
厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報



関連記事
posted by はっち at 14:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。