2009年03月04日

天然炭酸水「aWa心水」を使ったパン

輸入食品類による食への不安から、
「国産」「地産地消」といったキーワードが
ニュースにも多く登場するようになってきたように思います。

日本って食料の約6割を海外に依存している状況なんですよね(××)。

これって将来を考えたらとっても問題かもあせあせ(飛び散る汗)



自給率をあげる方法の一つには
「国産の材料で商品作り消費をしていく」こと。

その動きの一つになると思うのですが、
「地ぱん」作りに取り組んでいるメーカーが福島県にあるのです。

国産の米、小麦、雑穀などを材料にし、
それに福島県産の天然炭酸水「aWa心水」と
「伝承会津 あまざけ」を使用することになったのだとか。



「aWa心水」は奥会津の袖山から湧き出る、
天然の炭酸ガスを含有する冷鉱泉で、れっきとした温泉水いい気分(温泉)

そして、飲んだ時に口の中ではじける炭酸が、
とても細かくて柔らかいのが特徴です。

この天然炭酸水を使うことでパンの食感がソフトになり、
甘酒を入れることで甘味とうまみが増すのだとかグッド(上向き矢印)



水が美味しいと、やっぱりパンの味にも反映されるんですね〜(^^)

首都圏でも取り扱っている店舗が3件あるそうなので、
今度チェックしにいってきたいと思います家

【参考サイト】
農林水産省/食料自給率の部屋
パン生地に炭酸水や甘酒混ぜ込み(福島民報)



関連記事


posted by はっち at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。