2009年04月20日

銭湯検定で日本文化を学んでみる

以前にも紹介した、熊本市で行っている「水検定」
(参照:熊本市で水を守る「くまもと水守(みずもり)」制度が始まる)。

これは、熊本市の水遺産の登録推進や
水守といった、地元の水資源を守るため意識を高めていく
取り組みの一つで始められたものです。


そして、6月から東京では、
私がとっても興味ワクワクの検定が
スタートするらしいのですo(^^)o 

それは「銭湯検定いい気分(温泉)

風呂好き、銭湯好き、温泉好きな私にはぴったりかも(笑)



さて、この銭湯検定は
「銭湯を歴史、医学、建築など多面的にとらえる内容」で、
銭湯を通じて、日本人の生活文化への理解を
深めることを目的としているようです。

入門編として6月から4級がスタート次項有

10月末までに問題と解答用紙をインターネットや郵送で入手し、
在宅で検定を受けるのだそうです。


3級は、4級合格者や「風呂」の読みにちなんで
26カ所以上の銭湯で入浴した人を対象に、
11月に都内の会場で行うのだとか。

現在、模擬試験が、銭湯検定のホームページに掲載されているので、
試しにやってみたら・・・63点

(><)思ったよりも難しいあせあせ(飛び散る汗)



銭湯は世代問わずコミュニケーションがとれる場。

そして入浴の作法を学ぶ場でもあるのですよ
(参照:正しい銭湯の入浴方法とは?


入浴(銭湯)を通して、学べることって沢山あるので、
面白いなあって思います(^^)

【参考サイト】
銭湯検定 社団法人 日本銭湯文化協会




関連記事


posted by はっち at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年04月19日

節約志向が追い風? インスタント飲料品が人気上昇中

ちょっと気になるプレスリリースを見つけました。

(株)富士経済が発表した
「果実飲料、炭酸飲料、乳性飲料など68品目の市場を調査」
の結果です。


飲料品も景気の動向などによって、
売り上げが伸びたり減ったりといったことがあるようで、
特に内食回帰や節約志向が強まったことで
「インスタントコーヒー、インスタントティー、紅茶、麦茶」の需要が高まってきているのだそうです。


自宅でお湯を沸かして簡単に作ることができるタイプが、
一番コストがかかりませんからねひらめき

たしかに経済性を考えるとこのような商品に人気が集まるのも納得。

特に、詰め替えカートリッジなどの登場により、
従来よりも簡単に商品を補充できるようになったのも、
今年も引き続き需要が見込める市場なんだそうです。



また、野菜飲料及び野菜入混合果汁飲料は、
原材料に使われている中国産野菜のイメージ悪化の
影響もあり、需要が下降気味にバッド(下向き矢印)

炭酸飲料は少子化の影響もあり、
大人をターゲットとした商品開発へ
流れる傾向があるようです。

そういえば、テレビTVのCMなど見てると、
大人向けにアピールしてる商品増えてきましたよね。



さて、私としては「ミネラルウォーター」
動きが気になるのですが(^^;;)

この調査によると、国産は需要の伸びが鈍化、
輸入物は前年割れが見込まれるとのことで、
健康志向の追い風を受け急成長してきた
ミネラルウォーター市場は、踊り場状態にあるのだとか。

これも、景気や環境問題などの影響を
受けているのかな、なんて思いました。

【参考サイト】
(株)富士経済 果実飲料、炭酸飲料、乳性飲料など68品目の市場を調査


posted by はっち at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年04月17日

フッ素樹脂加工調理器具のお手入れに「強還元水」や「還元水」を使おう

購入して数回しか使っていないテフロン加工
フライパンが、使えなくなってしまったことが
何度かありました(><)。

今回こそは、長く使ってやるゾexclamation
と心に決め、お手入れ方法や使い方をネットで検索サーチ(調べる)



そこで知ったある事実パスワード

テフロンというのは、フッ素樹脂についての
デュポン社の登録商標で、それ以外のメーカーは
「フッ素樹脂加工製品」と表示するのだそうです(^^;;)。


さて、フッ素樹脂加工調理器具の特徴には
「料理がくっつきにくい」というのがあります。

しかし、使い方やお手入れ方法が間違っていると、
調理器具の寿命も短くなってしまうのですバッド(下向き矢印)


使用での注意点は

1空焚き厳禁(耐熱温度を超えた場合、ふっ素樹脂の性能が損なわれてしまいます)

2中火で使用(強火は表面の樹脂が軟らかくなり、キズがつきやすくなります)

3金属ヘラや先が尖った器具は使用しない(調理器具の表面を傷つけてしまうため)




お手入れ方法で一番大切なのは

「金属製や研磨剤入りのタワシ、研磨剤入りの洗剤はさける」

「汚れはしっかり落として水分をしっかり拭き取り、水のカルシウム分も残らないようにする」


ことです。


この時に、強力な汚れ落としには「強還元水」、
軽度の汚れ落としには「還元水」を使って、
しっかりと汚れを落としましょうパンチ

特にフライパンは、側面の汚れまでしっかりと落としましょうね。

そして、最後に水をしっかり拭き取るのは、
水のカルシウム分も「汚れ」になるからなのですヨひらめき


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
石川県消費生活支援センター くらしの便利帳 ◎ テフロン加工のフライパンの使い方
デュポンTMテフロン(R): テフロン(R)なんでも講座


関連記事

2009年04月16日

アルカリ水で色が変わるお酒「咲いた咲いた桜が咲いた」

今年のお花見会で大好評だったのがこのお酒バー


不思議な焼酎




「咲いた咲いた桜が咲いたかわいいという焼酎です。


なんとこのお酒「アルカリ水」で割ると
「赤橙色」の原酒が「さくら色」へと変わるのですヨ(^^)b 

アルカリ水以外の水を使用すると、
pHの関係で色が変化しない場合もあるのだとか。



となれば、もちろんexclamation

レベラック君で生成した「還元水」の出番です(笑) 


pH値9.5の還元水と浄水(pH値7.0)で
色の変わり具合を撮影してみましたるんるん

色が変わった!!



真ん中が原酒です。

元はオレンジ色なんですよね。

それが、ごらんの通り、pH値9.5の還元水は、
濃いさくら色に変化しました次項有


浄水では、とーっても色が薄くなってしまいましたね。

ちょっと鮮やかさに欠けるかなたらーっ(汗)


この時に、原酒を少なめにして、割る水の量を多めにしたほうが、
色の変化が早いのです(^^)b 


ちなみに、ちょっとだけ酸性水で試したみたら、
全く変化しませんでした。

pH5.5ですからね(^^;;;) 



注いだ瞬間に、ぱあぁ〜っと、さくら色に変化するのが
とっても面白くて、満開の桜の下の宴会で、
大好評だったのがわかりますよね(笑)

そのために、pH値9.5の還元水を多めに
用意して持ち込みました(^^;;)


それに、還元水で割ったほうが、焼酎特有のニオイや
味も押さえられ、とっても美味しくいただけるとですキスマーク

焼酎が苦手な私が抵抗なく飲めたくらいですから(^^)


もちろん還元水でちょこちょこ水分補給をしながら、
お酒をいただいたので、二日酔いにもなりませんでした(^^)/


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 お料理・健康飲用に 還元水
セブン-イレブンネット 咲いた咲いた 桜が咲いたマイルド 720ml
長崎大島醸造株式会社ー咲いた咲いた桜が咲いたー



関連記事
posted by はっち at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年04月14日

歯ブラシのお手入れに「強酸性水」を使おう

ネットショップで
「本格紫外線歯ブラシ殺菌器」
というのを見つけました。


歯医者さんでも使用している紫外線歯ブラシ殺菌器を、
家庭で使えるようにコンパクトに改良されているのです。

実は、歯ブラシの除菌というのをあまり意識していなかったので、
このようなものが販売されているなんて、ちょっとビックリ(^^;;)



そこで、歯ブラシのお手入れを調べてみたら、
次のような内容を見つけました眼鏡


使用後の歯ブラシには歯垢などの細菌や食べかすなどが
付着していて、水で濡れた状態が継続すると菌が繁殖します。

歯ブラシは一カ月前後を目安に取り替えることが望ましく、
ブラシの使用後は、水洗いで付着した汚れを完全に落とし
(歯磨き粉が残った状態は超NGです)
よく水を切って、衛生的な風通しの良い場所で保管すること。


コップに立てて保管する時は、植毛部分を上にして
ちゃんと乾くようにするのだそうですー(長音記号2)



使用後に「強酸性水(強酸性電解水)」で歯ブラシをしっかり洗うと
除菌もできるので、衛生を保つことができるのですよ(^^)b  


その時には使用したコップも、ちゃんと中まで洗って、
水気をとって保管しておきましょうねかわいい


はっち家でも実践中です(^^)/


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 除菌用に強酸性水
メルマガ 歯のためのマンスリーマガジン No.60 歯ブラシのお手入れと保管


関連記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。