2009年04月13日

酸性水と糀で作ってみよう「糀(こうじ)化粧水」

先月、娘1号と味噌作りに初挑戦しましたパンチ

大豆、糀、水、塩があれば、味噌がつくれるんですね(^^)b

 

現在、床下収納場所で熟成中夜

出来上がる秋がとっても楽しみでするんるん

さて、その時の「糀(こうじ)」が残っていたので、
こんなものをつくってみました。


kouji1.jpg



ぴかぴか(新しい)こうじ美白水(化粧水)ぴかぴか(新しい)です。

味噌作りで大豆と糀を一生懸命混ぜあわせていたら、
手がとってもスベスベになったので(笑)
「こうじ美白水(化粧水)」作り方を見つけので、
速攻作ってみたのです(^^)


残っていた糀(乾燥しているものを使いました)を50g使用。

それに50度程度お湯を400cc用意。

この時に使用した湯は、
美容の水「酸性水(酸性電解水)」です(^^)b  


そして、もみほぐした、糀と湯を混ぜて2〜3時間常温に置きます。

うるけた糀が、こーんな感じになりました。


美白水作成中



次に、これをフキンでこして、容器に移せば、
化粧水のできあがりで〜すキスマーク

そうそう、忘れちゃいけないのは、
使用するフキンや容器の除菌。

もちろん我が家は「強酸性水(強酸性電解水)」
でしっかりおこないましたよ。

自家製化粧水を作るときなどは、
洗浄・除菌には強酸性水の存在は
とってもありがたいです(^^) 


冷蔵庫に入れておけば、
1週間くらいな持つとのことなので、
作った日付を入れておくといいですよね。

そして、出来上がった糀化粧水をお風呂上がりに、
全身にシュッシュとふりかけたり、
洗顔後に化粧水をピタピタつけたりしています。

糀&酸性水の組み合わせなので、
肌がしっとりスベスベとなります(^^)。


【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
こうじ(麹・糀)とは / 麹の用途 レシピ こうじの美白水 



関連記事


2009年04月11日

「学校フレッシュ水道」は水教育にプラスになる!

都内の公立小学校ビルで使用している「水」が、
貯水槽使用から、配水管から直接蛇口に
つなぐ「直結給水」に改修される工事が
進められているという、ニュースを見つけました目

3階以上の建物の場合、今までは直結給水が困難だったため、
屋上の貯水槽に貯めた水を蛇口から使用していたのが、
技術の進歩により直結給水が可能になったのをうけ
「学校フレッシュ水道」として、
2007年から事業が進められているのです。



実は、この背景には、少子化による子供の減少もあるようですね。

貯水槽の容量は子どもが多かった時期に合わせているため、

児童が減る次項有使用量が減る次項有水が滞留する時間が増える
次項有鮮度が落ちやすくなる次項有安全性にも影響がでてくる可能性が


といった衛生面での心配が懸念されていました。



しかし、直結給水によってそれも解消されたそうなのです。

また、直結給水を行っている学校では、
水道への満足度も増えているといいます。

それに、季節によって水の温度差を実感できるのも、
直結給水だからというのもあると思います。


ぬるくてマズイ、学校の水が、新鮮でおいしい水
変わっていくのはいいことですよね(^^)


最近の子供達は、生まれたときから
「ミネラルウォーター」のボトルが
家庭に常備されているのが当たり前、
という環境で育っている子が増えてきています。

環境対策として欧米各国でも
“蛇口回帰”の運動が活発になっている中、
水教育を進めるためにも、学校での直結給水は
必要なんじゃないかな? なんて思いました。



【参考サイト】
asahi.com:学校の水、おいしい-マイタウン東京


関連記事
posted by はっち at 16:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年04月10日

そんなにあったんだぁ〜。全国で50種以上もある「水道水ボトル」

東京には、東京都水道局が発売元の
「東京水」という、
水道水ボトルがあります
(参照:買ってきました「東京水」(笑))。


関西方面に行った時に、購入はできませんでしたが、
水道水ボトルのポスターをみかけました。
(参照:まだまだあるぞ! ご当地「おいしい水道水」)。


神奈川県には、横浜市の水道水の水源である
道志川から採取した「はまっ子どうし」を使った、
横浜の地ビールもありました
(参照:横浜市オフィシャルウォーターを使っているビールとは?)。


このブログでも、発見次第exclamation(笑)
アップしていこーと思っている水道水ボトルですが、
新聞の記事を見てびっくりしました(@@)。


現在、全国で50種類以上もあるんだそうです。


shimbun.jpg



社団法人・日本水道協会の資料によると、
給水人口10万人以上でボトル入り水道水を
販売する事業体は47箇所。



もともとは、災害備蓄用で作り始めたところが多いとのこと。

それが、水道水の品質向上を訴える手段として
売り始めた事業体が、大都市を中心に増えていったので、
私達も目にすることが多くなったのですね目



その背景には「水道離れを防ぎたい」、
という自治体の意図もあるようです。

年間給水量は徐々に減っているのに加え、
水道管や浄水場の施設は、
今から40年以上前に設置されたものが多く、
大規模更新や改良の時期を迎えており、
耐震化するにも財源確保に
頭を悩ませているという水道局の台所事情あせあせ(飛び散る汗)

それが、この水道水ボトルに託された
役割でもあるのでしょうか。



水道水の安定供給のためにも、
このようなPR方法も必要なのかも知れませんね。




関連記事
posted by はっち at 15:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年04月08日

シャカシャカ振って入れたてお茶の香り。「お〜いお茶 ふっておいしい抹茶玄米茶」

昨年から、缶やペットボトルを振って
飲む飲料水が人気ですよね(^^)

その中の一つに、
伊藤園の「お〜いお茶 ふっておいしい抹茶」
というのがありました。


キャップの中に抹茶の粉末が入れてあり、
キャップをしっかりとひねると内フタが開いて、
抹茶がボトルインexclamation シャカシャカー(長音記号1)よくボトルを振ると、
入れたてのお茶が味わえるというもの。

そして、そのシリーズの新商品が出たexclamation というので、
前回の抹茶がかなりお気に入りだった私は、
探しに探しまくりましたサーチ(調べる)


が、なかなかコンビニやスーパーでもみつからず、
メーカーにまで電話して売ってるところを教えてもらい(^^;;;)

やっと見つけましたexclamation×2 


これですぴかぴか(新しい)


振る!抹茶玄米茶です。



「お〜いお茶 ふっておいしい抹茶玄米茶」。



ボトル内にはミネラルウォーターが入っています。

そして、キャップをひねってシャカシャカ振った状態がこれカメラ


がんばって振った結果



濃くて鮮やかな緑色に変身ぴかぴか(新しい)


とにかく、よーくよーくシャカシャカー(長音記号1)振って、
ミネラルウォーター内に粉末茶を溶かすのが、
美味しくいただく一番のポイントです(^^)b

飲む度にシャカシャカすると、
最後までしっかり玄米茶が味わえますよ。

なんといっても、入れ立てのお茶の香りと味がする
のがうれしいですね〜るんるん




ボトルを見ると、品名には
「ナチュラルミネラルウォーター」と明記され、
採水地は「山形県酒田市」とあります。


もちろん、私としてはこっちの天然水にも興味津々(ーー)フフ

ボトルを解体して、天然水だけでも
飲んでみようかなぁ〜(^^;;) 

なんて思ってしまいました。


【参考サイト】
「お〜いお茶 ふっておいしい抹茶玄米茶」 2月2日(月)より販売開始 : ニュースリリース 伊藤園


関連記事
posted by はっち at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年04月06日

野球部の選手も還元水で水分補給してるんだろなあ〜

旦那様が珍しく「温泉に行きたいいい気分(温泉)と言い出したので、
近所の温泉に家族で行ってきましたるんるん 



とっても見はらしのよい温泉で、露天風呂が気持ちよいのです(^^)
休日だったので、混んでいましたが(^^;;)

とってもリフレッシュできましたヨかわいい




私と子供達が大広間でゆっくりくつろいでいる時のこと。

旦那様が喫煙所で、草野球をやっているお父さん集団と一緒になり、
ちょっとした野球談義になったそうな野球


少年野球をやっていた旦那様。

いろいろな話ができて、かなり楽しかったご様子です(笑)



そういえば、エナジックの会員専用のニュースページに
「エナジック硬式野球部」の話が載っていました。

本拠地が沖縄県糸満市になるんですね。

糸満市のホームページでも硬式野球部のことは、
トピックスでも紹介されており、
2009年度から社会人野球チームへ正式加盟となるそうです。

これからの活躍も楽しみですね演劇

都市対抗野球大会なんかに出るのかな(^^)



やっぱり、選手の皆様の水分補給には「還元水」や
「還元水」で作った栄養ドリンクなども使っているのでしょうかるんるん 

スポーツ選手は体が資本ですよねパンチ 

レベラック君で生成される4種類の電解水は、
体調管理や衛生管理にとっても有効な水なので、
選手達の強力なサポート役になっているんだろうなぁ〜と思います。



3月に行われた初の対外試合でも大勝利だったんですって(^^)

社会人(企業)スポーツ部の休部や廃部という、
寂しいニュースが続いていたところだったので、
「エナジック硬式野球部」の活躍は社会人スポーツ界にも、
元気を取り戻してくれそうな感じがしました手(グー)



【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
糸満市/トピックス/エナジック硬式野球部、糸満市で本拠地宣言!
エナジック、糸満を拠点に - 沖縄タイムス



関連記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。