2009年04月03日

薬を飲む前後“30分”はお茶を飲むのを控えましょ〜

風邪薬など『食後30分以内に服用してください』
書かれていることが多いですよね。

もちろん、薬を飲むときは
『水』もしくは『ぬるま湯』で飲まないとダメexclamation 
(参照:薬はお水で飲むのがベスト!)。



牛乳、お茶、コーヒー、アルコール類は、
薬を飲むのには適さない飲み物です。

これらの飲料と一緒に飲んでしまうと、薬の成分によっては、
胃の中で固まったり、効き目がなくなったり、
逆に効き過ぎてしまったりする可能性があり、
病気を治すための『薬』がその成分や効能を
十分に発揮することなく、無駄になってしまいますバッド(下向き矢印)


また、薬の服用後も、牛乳や乳製品などは、
抗生物質の入った薬の効果を妨げるので、
2時間以上間をあけてから飲用したほうがいいのです。



じゃあ、お茶だったら飲んでも平気でしょ? 
って思いますよね。


実は、アウトなんですって(ーー)b 

それは、薬の成分が溶けるのを妨げたりする場合があるので、
『薬の服用の前後30分はお茶も控える』
ほうがよいのだとか。


なんか、習慣でお茶やコーヒーを飲みたくなってしまいますが、
薬を服用している時は、ちょっと我慢しましょうね。

と、自分にも言い聞かせてみる(^^::)。



そうそう、レベラックくんを使っているお家では、
薬を飲む時は還元水ではなく、
薬効に影響のない『浄水』を使用しましょうね(^^)b


【参考サイト】
薬服用直後にお茶は? : もの知り百科 : 暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


関連記事


posted by はっち at 14:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。