2009年04月13日

酸性水と糀で作ってみよう「糀(こうじ)化粧水」

先月、娘1号と味噌作りに初挑戦しましたパンチ

大豆、糀、水、塩があれば、味噌がつくれるんですね(^^)b

 

現在、床下収納場所で熟成中夜

出来上がる秋がとっても楽しみでするんるん

さて、その時の「糀(こうじ)」が残っていたので、
こんなものをつくってみました。


kouji1.jpg



ぴかぴか(新しい)こうじ美白水(化粧水)ぴかぴか(新しい)です。

味噌作りで大豆と糀を一生懸命混ぜあわせていたら、
手がとってもスベスベになったので(笑)
「こうじ美白水(化粧水)」作り方を見つけので、
速攻作ってみたのです(^^)


残っていた糀(乾燥しているものを使いました)を50g使用。

それに50度程度お湯を400cc用意。

この時に使用した湯は、
美容の水「酸性水(酸性電解水)」です(^^)b  


そして、もみほぐした、糀と湯を混ぜて2〜3時間常温に置きます。

うるけた糀が、こーんな感じになりました。


美白水作成中



次に、これをフキンでこして、容器に移せば、
化粧水のできあがりで〜すキスマーク

そうそう、忘れちゃいけないのは、
使用するフキンや容器の除菌。

もちろん我が家は「強酸性水(強酸性電解水)」
でしっかりおこないましたよ。

自家製化粧水を作るときなどは、
洗浄・除菌には強酸性水の存在は
とってもありがたいです(^^) 


冷蔵庫に入れておけば、
1週間くらいな持つとのことなので、
作った日付を入れておくといいですよね。

そして、出来上がった糀化粧水をお風呂上がりに、
全身にシュッシュとふりかけたり、
洗顔後に化粧水をピタピタつけたりしています。

糀&酸性水の組み合わせなので、
肌がしっとりスベスベとなります(^^)。


【参考サイト】
還元水の株式会社エナジック
こうじ(麹・糀)とは / 麹の用途 レシピ こうじの美白水 



関連記事


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。