2009年04月27日

枕カバー洗濯には「酸性水」での浸け置き洗いをプラス

枕カバーってどれくらいの頻度で洗濯していますか? 

そんなに汚れが目立たないので、
けっこう洗濯期間も長くなりがちですよね。


しかし、ネットニュースで見つけた記事によると、
P&G清潔生活研究所が先ごろ行った調査で、
3歳から6歳の子どもが洗濯から約1週間使用した枕カバーには、
最大で123匹ものダニの死がいが存在したとのこと。


ひょえぇ〜〜(@@)



実は、寝具類ってハウスダストがつきやすいのですよね(><) 

なんとなく分かっていたけれど、
あらためてニュースで目にするとショックあせあせ(飛び散る汗)


同研究所のによると、ダニの死骸などのハウスダストを
洗濯で99%除去できたといい、
洗濯がハウスダストの有効な対策の1つである
ことが証明されているのだとか。

となれば、毎日は無理だとしても、
毎週洗濯は必須にしたいところパンチ



ところで、枕カバーって洗濯しても
「臭い」が残ってることってありませんか?  

大きな声ではいえませんが・・・
特に旦那様のが・・・・(^^;;;)


頭の脂の臭い+汗臭+加齢臭もかな。

某柔軟剤のCMのアニメじゃあないけど、加齢臭対策は必須かexclamation&question 



さて、既製の消臭効果がある洗剤を使うのも一つの方法ですが、
酸性水(酸性電解水)での浸け置き洗いも、
枕カバーの消臭にはピッタリなんです(^^)b 

その際には、還元水を使って、
カバーについた頭の脂などの汚れをスッキリと落とし、
酸性水でも浸け置き洗いをするのです。

酸性水には柔軟作用もあるし、除菌作用もありますしね。



そして、干すときに「強酸性水(強酸性電解水)」を
シュシュとスプレーダッシュ(走り出すさま)

より除菌消臭作用が高まります。

お試しを〜〜。

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
「枕カバーに123匹のダニ!?」 冬でも洗濯してますか?  : 諸 : J-CASTモノウォッチ



関連記事


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。