2009年05月11日

靴ずれのケアにも「酸性水」と「強酸性水」

この間、リボン春夏用のサンダルリボンを購入しました。

が、しかしexclamation 

今回もいつもの通りに素足で履いていたら・・・・・

靴ずれをおこしてしまいました(TT) 


痛くて歩けない状態に。

水ぶくれが潰れて
表皮も剥がれてしまっています・・・・・バッド(下向き矢印)



そのままにしていても、ビリビリ雷と痛みが走ります(^^;;;)

また、不運は続くもので、
そんな時に限り消毒薬がきれている(泣)


 
そこで、超応急処置方法として
「酸性水(酸性電解水)」「強酸性水(強酸性電解水)」

酸性水で足全体の汚れを拭き取り、
強酸性水を含ませたコットンとガーゼで、
水道水感覚で軽く洗ってみました。

救急絆創膏では覆う事ができなかったので、
ガーゼと包帯をサポートで使用。



翌日は、消毒薬も購入してきたので、
強酸性水は患部を回りを清潔に保つために使用してみました。

こんな時にも強酸性水や酸性水って便利ですね。



靴ずれは、放置しておくと二次感染して化膿したり
強い痛みが起こったりするのだそうです。

今回の私の状態がまさしくそう位置情報 
 
水ぶくれができた時は破らずに清潔な針で、
内容液を取り出し、消毒液で消毒し患部を保護するように
絆創膏やガーゼをはるようにするのだそうです。



靴ずれができたら、水ぶくれが潰れないうちに
早め早めに処置をするようにしたほうがいいですね(^^;;;)

放置すると悪化しますよ爆弾

【参考サイト】
足と靴 靴ずれは放置しておいても大丈夫?: トラブル・治療- セルフドクターネット


posted by はっち at 14:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年05月08日

カエデの葉からラムネができる!?

太陽がだんだんと夏仕様にギラギラしはじめてくると、
ちょっと恋しくなる飲み物が「ラムネ」

レモネード(レモン水)という言葉がなまって
「ラムネ」と呼ばれるようになったと言われていますから
(参照:サイダーとソーダって同じモノ?????)、
もともと元になっているのは「レモン」味なのでしょうかね?



さて、埼玉県秩父市では、
カエデから取れるメープルシロップを使った
菓子を製造販売している業者が、
県などと協力して「カエデの葉を使ったラムネ」
開発したのだそうです。

なんと、カエデの葉には抗酸化作用がある
「ポリフェノール」が含まれているのだとかexclamation




それを効率よく抽出するために、緑葉、紅葉を茶葉化。

紅葉は文字通り「紅葉(こうよう)」した
葉っぱのことなんでしょうね(*^艸^*)クフ 


それぞれの茶葉から抽出したエキスと炭酸水、
液糖をブレンドし、緑葉の茶葉からは緑色、
紅葉の茶葉からエンジ色のラムネが完成なんですって。

エンジ色のラムネってとっても興味ワクワクしてしまいますハートたち(複数ハート)


紅葉のラムネは「焼酎割り」での相性が良いらしいので、
ちょっと味にクセがあるのかな? 

このカエデ葉のラムネの試験販売は、
秋以降に秩父市内の菓子店やじばさんセンターなどで
販売するとのことなので、
紅葉の時期に秩父まで足を運んでみようかな〜
なんて思っています(^^)


【参考サイト】
ポリフェノールいっぱい! カエデを使ったラムネを製品化 (1/2ページ) - MSN産経ニュース


関連記事
posted by はっち at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年05月07日

紙パックのミネラルウォーターって見かけませんね〜

というのは、
またまた子供達からの質問を受けての第一声です(^^;;;)


いままでも、全くなかったわけでもないですし、
あまり気にしていませんでした。

だって、日本で最初に発売された家庭用ミネラルウォーター
といわれる「六甲のおいしい水」は、紙パックでしたから
(参照:日本のミネラルウォーターの歴史は100年以上も前にさかのぼる!)。



今はほとんどのミネラルウォーターは、ペットボトル入り
水の種類によってはアルミ缶入(水素水)を
使用しているのもあります。


輸入品のミネラルウォーターの中にはビン入り
(このビンがおしゃれだったりしますが(^^))
のものもあります。

じゃあ、現在は紙パック入りミネラルウォーターって
存在していないのか? 


というと、ネットで探してみたらいくつかありました。

その一つが、徳島県木頭村「木頭村 山の湧水」


環境に負担をかけないようにと、
選択されたのが新素材ケイ素セラミック蒸着紙パックというもので、
ペットボトルに比べ気体に対する密閉度が高く、
中身の酸化を防ぎ、水の風味を損なうことなく
長期保存にも有効なんだとか。


また、海外でも「Boxed Water Is Better」という
紙パック入りミネラルウォーターが発売されています。



いくつかのサイトで紙パック入りのミネラルウォーターがないのは、
「ニオイや味に問題があったから」
「長期保存に向かない」
「衝撃に弱い」


などの説があるようですが、
この2つの紙パック入りミネラルウォーターの背景を考えると、
「コスト」と「流通」での手間と
消費者の「ニーズ」なんでしょうか( ̄^ ̄;)



【参考サイト】
Boxed Water Is Better!(英語)
[木頭村・山の湧水(わきみず)]商品案内



関連記事
posted by はっち at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年05月05日

「菖蒲湯」で厄払いと縁起をかついで健康に

5月5日の子供の日のお風呂と言えば「菖蒲湯いい気分(温泉)

今年は自宅でもやってみようと思い、
いろいろネットで調べていました。


まず、私がずっと勘違いしていたことを発見exclamation 

花菖蒲の葉っぱが湯に浮かんでいると思っていたのですが、
菖蒲湯に使うのは「菖蒲(ショウブ)」という
サトイモ科の植物なんだそうです(;^_^A  



この菖蒲の葉には強い香りがあり、不浄を払い、
邪気を遠ざけてくれるといわれています。

そのため、菖蒲湯の起源でもある中国では、
邪気を払う薬草として菖蒲を使っていたのだとか。

その風習が日本にも伝わり、
「菖蒲(ショウブ)」の語呂が、
「勝負」や「尚武(武士の言葉で、武術を修練し攻防技術に通じ、心身を強健にし、力と勇気をたずさえる事)」
に通じることから、端午の節句に「菖蒲湯」に入る習慣になった
といわれてるんだそうです。


また、菖蒲湯は漢方の湯治療法の一つで、
健胃薬や打ち身の治療薬としても用いられており、
この湯に入ると体を温める作用もあるといいます。

ということは、やっぱりここでも
「酸性水(酸性電解水)」の
湯を使うのが一番いいですよね(^^)v



「厄除け」、「縁起担ぎ」、「薬湯」、
「リラクセーション作用」
と、
菖蒲湯には、心身ともにプラスに作用する力がいっぱい(^^)

子供達の健やかな成長と家族の厄払いも兼ねて、
端午の節句には「菖蒲湯」に入る習慣も続けていきたいと思います。

【参考サイト】
しょうぶ湯の由来 東京都浴場組合ホームページ
ゆず湯・菖蒲湯 銭湯豆知識
菖蒲湯(しょうぶゆ)|風呂と入浴法を楽しむ『湯の国Web』

●「尚武」の意味
〜和みの暮らし〜くれいし人形情報ブログ!  | 『尚武』

posted by はっち at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年05月03日

カテキンの含有量が多いと肥満予防に役立つの?

旦那様が
“特保(特定保健用食品)”
のマークがついている、
ペットボトルのお茶を飲むことが多くなりました。

やっぱり気にしているんですね〜。

メ・タ・ボ。



コンビニなどでもすっかりお馴染みの
特保マーク入りのお茶類ですが、
マークの付いていない普通の日本茶類も、
美容・健康を意識した商品が
次々に発売されているということなんです。



そこで再注目は、日本茶に含まれている「カテキン」

カテキンはお茶特有の苦味、渋みを構成する成分の一つで、
糖質の分解を妨げる機能があり、
体に糖質が吸収されるのを抑制するため、
肥満予防に有効なのだそうです。


最近「濃いめ」とか「濃い味」など、
濃いめのお茶にして、
カテキンの含有量を多くしている商品が増えてきましたよね。

私はどちらかといえば、濃いめのお茶が好きなので、
このようなラインナップが増えるのはありがたいかな(^^)



ということは、濃いめのお茶を飲むと継続して飲んでいると、
高茶カテキンの作用で、予防に役立つということなんですね。

特保マークを、お昼のお茶として購入するには、
値段的にちょっと手が出ないかな・・・・なんていう時には、
カテキン含有量が多いお茶を選ぶと、
少しでも予防の役に立つのかもしれませんね(^^;)


それ以外にも、機能性や付加価値が加わった
お茶ボトルが増えてきているので、
ラベルをチェックしながら選んでみるのも、
楽しいと思います。


体重管理や減量には、飲み物にも気をつけることが重要なので
(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/118478438.html)
日本茶はかなり、サポート役になりそうです晴れ


【参考サイト】
日本茶選びはカテキンの含有量で : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
厚生労働省:特定保健用食品
花王 ヘルシア そもそも「茶カテキン」って何?
posted by はっち at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。