2009年06月05日

「おしっこ」だってりっぱな飲料水になる「水再生システム」

空の遙か彼方の宇宙では、
とっても画期的なミッションが行われていました。

それは「おしっこ」を飲料水にすること。

「水再生システム」といわれる、水リサイクル装置が
国際宇宙ステーションに搭載されており、
このほど、そのシステムで供給された飲料水の飲用に、
アメリカ航空宇宙局(NASA)が許可を出したというのです。



「おしっこを飲んじゃうの? えええ(@@)」
って感じだったのですが、
国際宇宙ステーション内では、空気も水も食料も、
生きるために必要なものはすべて地球から運んで
こなければならないので、装置が常時稼働し、
水を現地で再生できるようになるのは、必要不可欠なこと。

また、水再生システムの稼動によって
その運搬を50%以上削減できるのだとか。



水は、滞在しているクルー達の飲用はもちろんのこと、
食事や体を拭いたり、トイレで使用したり、
水の電気分解により酸素を発生させることに
使ったりしているとのことで、
これは不足してはたいへんなことになりますよねあせあせ(飛び散る汗)


水再生システムは、トイレから回収された尿と、
空気中の湿度から回収された水を蒸留、ろ過、浄化し、
リサイクルは自動で行われているのだとか。

出てくる水は、無色透明でにおいもなく、
蒸留水のイメージらしいのです。



科学や技術の進歩って凄いですね(^^)
同時に、「水」って私達が生きるためには
絶対欠かせないとっても大切で貴重なものなんですね。

【参考サイト】
水再生システムによる飲料水の飲用に許可 ISS sorae.jp
asahi.com(朝日新聞社):おしっこも飲めるようになる 水再生システム運用へ - 若田さん きぼう滞在記


関連記事


posted by はっち at 14:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年06月04日

メタボ改善には毎日大さじ2杯の「酢」が効果的らしい

年齢とともに気になる「体脂肪」

特に私の場合は「内臓脂肪」(^^;;)

旦那さんは、特保マークのついたペットボトル
のお茶を飲んでいたりしますが、
さらに強力な助っ人をプラスさせようかな?
と思っています。


それは「酢」exclamation


酢を毎日大さじ1〜2杯飲み続けると、
内臓脂肪や血中中性脂肪が減少することが、
臨床試験で分かったというのです。

それは、主成分の酢酸が脂質の合成を抑制し、
燃焼も促進するためなんだとか。


ただし、摂取をやめると脂肪は元の水準に戻ってしまうので、
継続的に摂取するのが、メタボの予防・改善には大切・・・
ということなので、
いかにして毎日の料理の中に「酢」をとりいれるかが、
主婦の腕の見せ所になるわけですねp(*^-^*)q  


さて、使用する酢については、なんでもよいのだそうですので、
お好みのお酢を、お好みの方法(料理に使う。飲用するなど)で
摂取すればよいのですって。



しかし、我が旦那さんは、大の「酢嫌い」。


そのまま飲ませることは、まず無理exclamation×2 


ドレッシングでも、酸っぱくてイヤだというくらいですから。

となると、今年こそはなんとしても飲ませようパンチ 
と思っているのが、「サワードリンク」。

飲む時に還元水を使って割ると、
酸味がマイルドになって飲みやすくなるんです(^^)。


これをのませて、さりげなく食卓用の醤油を「酢醤油」にして、
大さじ2杯分の酢を摂取してもらおうかと思っています(^^) 。


【参考サイト】
・酢を飲んでメタボ改善 内臓脂肪を減らす効果判明 ミツカン中央研 - MSN産経ニュース
試験に使用したお酢の種類、効果を発揮するお酢の種類について(ミツカン・ニュースリリースより)
夏バテ予防に。酢でつくった「サワードリンク」でのりきる!



関連記事
posted by はっち at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年06月03日

少量のワイン摂取で寿命が延びる!?

といっても、この恩恵に預かれる可能性が
高いのは「50歳以上の男性」で、
「1日にグラス半分のワインを継続的に飲んでいた場合」という、
とても限られた範囲なのですが(^^;;) 。


さてこれは、オランダの研究グループによって報告された、
研究結果の内容で、


次項有1日にグラス半分のワインを継続的に飲んでいる男性は
寿命が5年長い。

次項有種類にかかわらず少量(1日20g)のアルコール飲料を
長期間摂取している人は、飲酒しない人に比べて
寿命が2.5年長い。


というようなこと。


女性であり、その年齢にも達していない私は、
対象外なのですが「酒は百薬の長」
(「されど万病の元」と続きますが省略・・・(^^;;))
というのが実証された研究結果ではないかな? 
と思います(笑)


と、ここで「酒は百薬の長」ポイントになるのは
「適度な飲酒」。

通常のアルコール代謝能力を有する日本人の場合
「節度ある適度な飲酒」として、
1日平均純アルコールで約20g程度なのだそうです。

女性の場合はこれよりも少ない量(約半分)になるとのことですが、
目安としては「350mlの缶ビールは1本」までexclamation 
日本酒は1合までexclamation



もちろん、お酒を飲む時には「ちょこちょこ水分補給」を忘れずに。

「水(還元水がベスト!)」を必ず用意して、
「酒は百薬の長」ポイントをプラスさせましょう(^^)/

【参考サイト】
いきいき健康 NIKKEI NET 少量のワイン摂取で寿命が延びる
節度ある適度な飲酒とは 


関連記事
posted by はっち at 14:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年06月01日

お茶の成分凝縮のお茶リキッド。うがい茶。

新型インフルエンザ予防でも大切な、
帰宅後の「手洗い」・「うがい」の習慣

これらからの季節は、「食中毒」にも要注意exclamationだし、
「夏風邪」予防にも、この習慣は継続していきたいですよね。



我が家では「強酸性水(強酸性電解水)」を使って、
うがいをしていますが(生成するのが面倒かなという時には
「酸性水(酸性電解水)」でおこなうことも(^^;;))、
うがい薬を使っている方もいますよね。


ところで、
「清涼飲料水」で『うがい』ができる商品
があるのですよ。

その名も「うがい茶」。


通常のお茶よりも20倍の濃さで、お茶の主成分である
カテキンの含有量が100mlに327mg。

ちなみに、私が好きなお茶のペットボトル
“おーいお茶濃い味”が、100ml中80mgなので、
それに比べても超高濃度茶カテキングッド(上向き矢印)


もちろんそのままではシブすぎて飲料も難しいかと(^^;;)

うがいに使用しする場合は、
コップ半分の水にワンプッシュダッシュ(走り出すさま)

もちろん普通の飲用にもOKなので、
その場合は自分好みの濃さに、
還元すればよいのです。


還元水で薄めるとどんな味になるのか
試してみたいですね〜(^^)



さて、緑茶カテキンは、食中毒原因菌や腸管感染症起因菌などに
強い殺菌効果を発揮すると言われているので、
お茶でうがいをすると、風邪やインフルエンザ予防にもよいのだとか。


ところで、この「うがい茶」が誕生したきっかけというのが、
お茶工場で大量に出る「緑茶しぼり液」を再利用できないか
ということからだったのだとか。

現在は、この方法での生産は行っていないようなのですが、
「もったいないexclamation×2」精神があったからこそ、
環境にも健康にもプラスになる商品が開発されたんですね(^^)

【参考サイト】
いわき市戦略プロデュース事業 緑茶カテキンの活用方法・うがい茶


関連記事
posted by はっち at 14:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。