2009年06月03日

少量のワイン摂取で寿命が延びる!?

といっても、この恩恵に預かれる可能性が
高いのは「50歳以上の男性」で、
「1日にグラス半分のワインを継続的に飲んでいた場合」という、
とても限られた範囲なのですが(^^;;) 。


さてこれは、オランダの研究グループによって報告された、
研究結果の内容で、


次項有1日にグラス半分のワインを継続的に飲んでいる男性は
寿命が5年長い。

次項有種類にかかわらず少量(1日20g)のアルコール飲料を
長期間摂取している人は、飲酒しない人に比べて
寿命が2.5年長い。


というようなこと。


女性であり、その年齢にも達していない私は、
対象外なのですが「酒は百薬の長」
(「されど万病の元」と続きますが省略・・・(^^;;))
というのが実証された研究結果ではないかな? 
と思います(笑)


と、ここで「酒は百薬の長」ポイントになるのは
「適度な飲酒」。

通常のアルコール代謝能力を有する日本人の場合
「節度ある適度な飲酒」として、
1日平均純アルコールで約20g程度なのだそうです。

女性の場合はこれよりも少ない量(約半分)になるとのことですが、
目安としては「350mlの缶ビールは1本」までexclamation 
日本酒は1合までexclamation



もちろん、お酒を飲む時には「ちょこちょこ水分補給」を忘れずに。

「水(還元水がベスト!)」を必ず用意して、
「酒は百薬の長」ポイントをプラスさせましょう(^^)/

【参考サイト】
いきいき健康 NIKKEI NET 少量のワイン摂取で寿命が延びる
節度ある適度な飲酒とは 


関連記事


posted by はっち at 14:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。