2009年06月14日

メガネのお手入れにも「酸性水」を使いましょう

先日、メガネ眼鏡を新しくしました。

今まで使っていたメガネは、ワンコ犬にフレームをかじられ
ボロボロバッド(下向き矢印)だったのと、
かなりゆがんでいたので、下を向くとメガネが落ちる・・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
というほどかなり悲惨な状態になっていました(^^;;;)



さて、購入した時に付いてきた「取扱説明書」。

そこにメガネのお手入れ方法がのっていました。

満月メガネの汚れは、まず水洗いしてから、ティッシュペーパーや
柔らかい布で拭いてください。
カラ拭きは、傷の原因となりますのでご注意ください。



メガネの水洗いって大丈夫なんですね。

よかった(^^)

というのは、我が家ではメガネを水洗いしていたから。

その時には「酸性水(酸性電解水)」を利用しているのです。

汚れオチがいいんですよ(^^) 


酸性水には洗剤を使わなくても、
モノをきれいする作用「洗浄力」もあるので、
指紋などでレンズが汚れてしまっていても
キレイに洗い流してくれますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そして、洗った後のリンス効果で、
キレイになったレンズ表面だって保護してくれるのです
(参照:水垢で汚れていたコップが酸性水でキレイに)。


もちろん、洗ったメガネを水気のあるまま放置するのはNGexclamation

洗った後は水気をしっかり拭き取ってくださいね。

水滴がレンズのシミとなってとれなくなったり、
コート膜の損傷の原因になるそうです。

酸性水で洗っても、これはちゃんと守りましょうね(^^)b

さらにレンズがぴかぴか(新しい)ピカピカぴかぴか(新しい)になりますから。

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。