2009年07月05日

「ジュース」で電気が起こせる夢のような電池

「ジュースで電気が起こせるなんて、ありえないじゃんexclamation

 って思いますが、もしかすると近い将来
「あたりまえ」となって、
私達の目の前に登場するのかもしれません。

なんと、その夢のような電池の開発研究が、
日本でも現在進められてるのだとか(@@)


 ニュース記事によると、食品や飲料に含まれる
炭水化物(ブドウ糖)を酵素で分解し、
電気エネルギーを取り出す「バイオ電池」というものらしいですね。

ウォークマンなどの商品でお馴染みの
ソニー音楽が、2007年8月に「アメリカ化学会」で
世界最高出力の50ミリワットを発表して以降、
次世代の電気エネルギーとして
世界的に注目されるようになったんだとか。

バイオ電池には2つの方式があり、ブドウ糖に対して
酸素など反応させる物質を電極に取り込む「パッシブ型」と、
反応させる物質をポンプなどで
強制的に送り込む「アクティブ型」があるのだとか。


パッシブ型は構成がシンプルで小型化しやすく、
アクティブ型はシステムは大型で複雑だけど、
高出力化に向いているのだとか。



どちらの方法も元になるのは「ブドウ糖」

地球上に豊富に存在する再生可能エネルギーなだけに、
実現すれば、家庭内にある食品や飲料水類からも
電気が起こせるし、二酸化炭素(CO2) も出ないのだとか。


この電池が一般的になれば
海洋酸性化」の
心配も少なくなりそうですよね。

ジュースから電気・・・・
もうすぐ夢が実現されそうな期待十分です(^^)


【参考サイト】
(ニュースソース)
Business Media 誠:ジュースで電気を起こす――。ソニーの“夢の電池”とは?




posted by はっち at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。