2009年08月27日

なすも塩水につけてアク抜きすると美味しくなる☆

今日のお家ランチは「ナスとプチトマトのパスタ」レストラン


ナスのパスタを作りました♪



夏野菜の代表野菜をふんだんに使ってみましたぴかぴか(新しい)


いつもは、麺類は酸性水(酸性電解水)で
茹でるのですが、今回はちょっと横に太めの
「フェットチーネ」というパスタで「ほうれんそう」が
練り込んであったので、「還元水」を使いました。

実は、太めのパスタで野菜が練り込んであるタイプの場合は、
還元水を使ったほうが、美味しく茹で上がったりするのですヨ。

そのかわり茹で時間少し短くしてあげないと、
ベチャってなるので、要注意exclamation



ところで、「なす」にアク抜きなんて必要ない
と思っていたのですが、
あるテレビの料理番組TV

「なすは調理前に塩水につけてアク抜きをします。
そうすると、なすがおいしくなる」


ということを説明していました。



え? と思っていくつかの料理本やネットを探してみたら、
「なす」の下ごしらえの基本で
「塩水につけ、水が黒ずんできたら流水で洗い、
水けをよくふき取ります」

というのを発見サーチ(調べる)


また、イタリア料理では、「なす」に塩をふって
出てきた水気を拭き取りアク抜きをするそうなんです。

油を使う料理の時には、こちらの方法がよさそうですね。


じゃあ、アク抜きをするときの水は
「還元水」なのか「酸性水」がいいのかというと、
実際に試してみました、差はありませんでした(^^;;;)

でも、なすの色を生かすならば「酸性水」のほうが
いいのかもしれませんよ。
(参照:アントシアニンを含む野菜の色を鮮やかにする酸性水



【参考サイト】
なすのあく抜き-テポーレ料理の基本 料理の下ごしらえ



posted by はっち at 19:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。