2009年09月01日

冷たい飲み物のとりすぎにご用心! コールドドリンク症候群

今年の夏晴れは、
それほど暑さも厳しくなかったような感じもします。

といっても気温が30度を超える「真夏日」が続いた日には、
我が家の製氷室の氷が空になる時もありました(^^;;)


こんな時は、ちょこちょこ水分補給ならぬ
「ガブガブ水分補給」状態ダッシュ(走り出すさま)

しかし、体が水分をほしがっているとはいえ、
冷たい飲み物ばかりを飲んでいるのが
体にいいわけありませんexclamation 


「コールドドリンク症候群」になってしまいますよ。



さて、このコールドドリンク症候群。

ダイエットにもメタボ予防にも大敵なんですあせあせ(飛び散る汗)

それって、ジュースや清涼飲料水のように、
砂糖などの糖分が多く入っている
飲料水だけのことじゃないの? 
って思うかもしれませんが、
糖分の有る無しにかかわらず、
冷たい飲み物を飲み続けているとなってしまうのですよ。


たらーっ(汗)そして、ポッコリお腹のできあがり(|||0 o 0|||)(真っ青〜)たらーっ(汗)



冷たい飲料水を過剰に摂取することによって、
胃の周りの血液が冷え血管も収縮してしまうため、
お腹周辺の代謝効率が低下して、
脂肪がつきやすくなるのです。

体が内臓の冷えを守るために、
脂肪細胞や脂肪組織を増やしていき、
それが胃の周りだけに起こった結果の「ぽっこりお腹」。

このように内臓肥満の原因にもなるわけですから、
冷たい飲み物のガブ飲みは、避けたいですよね。


温かい飲み物も意識して摂取するようにして、
体を冷やさない工夫も大切なのです(^^)b



【参考サイト】
[コラム]お腹ポッコリは冷たいドリンクが原因!? - マイライフ手帳@ニュース




posted by はっち at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。