2009年09月02日

温水洗浄トイレに注意!  雑菌繁殖の危険

我が家のトイレは便座が温まる程度ですが、
最近は温水洗浄付きの便座が増えていますよね。

使用後におしりをキレイに洗浄して、
乾かして・・・・、たまに使うと、
おしりまわりがスッキ清潔になった感がして、
気持ちがよいものです(*^^*)


しかし、その温水には雑菌が繁殖しやすいという、
体にとっては好ましくない状況があるようなのです(××)


東海大学の調査によると、加温によって、
水道水に含まれる殺菌用の塩素が蒸発するため、
温水タンク内では、細菌が繁殖しやすい状況にあるとのことあせあせ(飛び散る汗)

一部から、大腸菌群や感染症の原因となる
緑膿菌(りょくのうきん)も見つかったというのです。

特に、家庭で使われている温水洗浄トイレは要注意exclamation 



使用頻度が少なくタンクの水があまり入れ替わらないため、
温水の中で細菌が繁殖しやすいのだとか。


温水タンクは密閉型で外気に触れないし、
清浄な水道水を取り込むため、
細菌は繁殖しないといわれていたようですが、
水道水を30〜40度に温めること、
温水の循環率が低いことなどが、
逆に細菌が繁殖しやすい環境を
つくりだしてしまってるようですね(><)



健康な場合には体への影響も問題ないということですが、
おしりなどに病気のある人の場合は要注意exclamation×2
 
洗浄水から感染する可能性もあるということなんですね。


約7割の家庭で普及しているといわれる温水洗浄便座。

この温水雑菌の対応策というのは、
あるのでしょうか・・・(^^;;;)

【参考サイト】
トイレの温水に雑菌…東海大調査 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)





posted by はっち at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。