2009年10月06日

うどんのゆで汁から「燃料」が作れるらしい

水から生まれた新燃料
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/121336194.html)など、
石油に代わる燃料の開発が進んでいますね。

サトウキビ、とうもろこし、パームやしなどの農産物や、
廃材、食品廃棄物、糞尿などからエネルギーを作り出す
「バイオマスエネルギー」。



なーんと、「うどんのゆで汁」からも、
このエネルギーの元になる
「バイオエタノール」を精製することに
成功したという記事を目にしました。


うどんのゆで汁や麺を洗ったり冷やした水には、
バイオエタノールの原料となる「でんぷん」が残っています。

ここに着目をしたわけなのですが、
今までは効率的な活用方法が
確立されていなかったのだとか。


この捨てられてしまう「水」から、
エネルギーを作ることによって、
排水がキレイになり、微生物処理をすることで、
冷却水として再利用が可能になるのだそうです。

これでかなりの量の「水」が節約されるといいます。



大量に出る産業廃棄物の再利用から生まれた商品に
うがい茶http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/120620223.html)」
というものがあります。

こちらは「緑茶のしぼり液」を再利用したものですが、
うどんのゆで汁も工場などで大量に出ると
産業廃棄物の一つとなるわけですから、
このような研究開発が進んで、無駄なく資源を使っていくことは、
環境面でもとても大切なことだと思いますかわいい



将来はこのような処理施設が増え、
一般家庭からも容易に回収できるような
仕組みが整うのが理想ですよね(^^;;)


いつもなら捨ててしまう「うどんのゆで汁」。

この記事を見た時から、捨てずにお腹の中に
美味しくおさめる方法はないものかと、
考えるようになりました(苦笑)


【参考サイト】
うどん汁からバイオ燃料精製 中国新聞 地域ニュース
資源エネルギー庁 新エネルギー政策について
ビジネスライブラリー 海外ビジネストピックス<バイオマスエネルギー> - ジェトロ





posted by はっち at 16:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | 水と環境

2009年10月05日

温泉と鉱泉。この違いは何?

秋の行楽シーズン。

ふらぁ〜っと温泉いい気分(温泉)
行きたいなあ〜と思うこの頃です(^^;;)


そういえば温泉宿の名称の中で
「○○温泉」「△△鉱泉」というの見かけます。

鉱泉のほうが、昔からある湯治場なのかな、
効能が違うのかな・・・なんて勝手に思ってしまいますが(笑)


この違いとはどういったものなのでしょう。

環境省のサイトで温泉と鉱泉を調べてみました。



温泉の定義
「昭和23年に制定された「温泉法」により、
地中からゆう出する温水、
鉱水及び水蒸気その他のガス
(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)」とあり、
温泉源から採取されるときの温度は
「摂氏25度以上」
または、指定された物質のいずれか一つを有するもの

とあります。


鉱泉の定義とは、
温泉と同じようなことが記述されており、
法律上では「鉱泉」は水蒸気やガスを含まなず
「水(湯)」のことを指し、
温泉は鉱泉や水蒸気やガスなどを含めての
総称となりますね。

うーん(^^;;;)ちょっと複雑・・・・。


泉温が25度未満の「冷鉱泉」=「鉱泉」であるというのも、
25度以上34度未満を「低温泉」
34度以上42度未満を「温泉」
42度以上を「高温泉」
と泉温によって分類がされていることからも
きているのかもしれません。

鉱泉の定義からすると
「高温の鉱泉もある」
ということになるのです。

私たちがイメージする
「温泉」は「鉱泉」のことを指しているわけですよね。 



温泉地によっては、飲泉に使用するほうを「鉱泉」、
湯に浸かるほうを「温泉」と区別しているところもあれば、
薬湯などを取り入れたりして「鉱泉」の名付ける
温泉宿もあるようです。


うーん、余計に複雑になりそう(^^;;)

【参考サイト】
温泉の保護と利用(環境省)
温泉と鉱泉の違いは? : もの知り百科2 : 暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞
タグ:温泉 鉱泉 風呂
posted by はっち at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年10月04日

水筒男子、水筒女子が増加中

今年のモテ男くん傾向は
「弁当男子であり水筒男子であること」。

節約志向やエコ関心の影響で、
ランチはお弁当持参に切り替え、
節約に励む男子&お父さん達。

男性向けのお弁当作り教室が開催されたりして、
女性がびっくりするくらい、
栄養面もしっかりしたお弁当を作ってくる、
弁当男子くんもいますから(^^;;)
これはある意味いい傾向ですexclamation×2 




そして同様に増えてきているのが
「水筒」持参組。

軽くておしゃれなアウトドアモデルの
海外メーカーの水筒が特に人気のようで、
あるお店では、昨年に比べて
売り上げが1.6〜1.8倍も増えているのだとかグッド(上向き矢印)

アウトドア向けの水筒は、
軽くて持ち運びやすいのが特徴なんだそうです。

そして、ペットボトルのように
直接口をつけて飲むタイプのため、
今までの水筒とは違って手軽に使えるというのも、
人気となった要因でもあるようです。



私も旦那様も、もちろん「水筒組」です(^^)

還元水で作ったお茶やコーヒーなどを入れて持ち歩いています喫茶店


旦那様はブームになるずーっと前からの
「水筒男子」なので、
最近流行の水筒ではありませんが、
好きな飲み物を入れて持ち歩ける
「水筒」は便利で手放せないようです。


還元水で作ったお茶やコーヒーが、
外出先でも飲めるのって、やっぱり幸せです(^^)



もちろん、水筒のお手入れには
「強還元水」「強酸性電解水(強酸性水)」がピッタリかわいい

しっかりと汚れを落として、
除菌・消臭もできる電解水は、
毎日持ち歩く水筒を洗う時にとっても重宝しています。

【参考サイト】
asahi.com(朝日新聞社):増える「水筒男子」は男前? 
軽くてオシャレなアウトドアモデルが人気 - e-ビジネス情報(提供:BCN) - デジタル

カラフル 売れてる マイボトル 節約やエコ重視 愛好者が急増中 / 西日本新聞


posted by はっち at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年10月01日

炭酸飲料にも税金がかかるようになるの?

というのは、日本ではなく、アメリカ
前向きに検討されている課税に関するニュースの一つ。


オバマ大統領が、議会で審議中の医療保険改革の財源確保に向け
「糖分の入った炭酸飲料などに対する課税検討」
前向きな姿勢を示したというのです。


炭酸飲料の消費量を削減すれば、
アメリカ国民の健康状態も大幅な向上に
つながる可能性があるといいますから、
その消費量というのは現在でも
「多すぎる」範囲を超えているんでしょうね。



炭酸飲料もゼロカロリー、ノンカロリー、
低カロリーといった、
糖分など高エネルギーとなる
成分を抑えた商品が発売されていますが、
それでも飲み過ぎれば「ペットボトル症候群」
「コールドドリンク症候群」などを引き起こす
原因となるので、体にとっては、おすすめできない
飲み物ともいえるでしょう。


しかし、炭酸飲料は飲むことによって
気分転換がはかれるなど、精神面に有効に
働く場合もありますから、消費者側の飲み方次第で、
コントロールできるハズのですがね。

たしかに嗜好品の一つですから、タバコやお酒と同様に
課税することで、節制を促すようにしないと
制限できないレベルにまできているのかな、
と思うとちょっと悲しいですたらーっ(汗)



となると、『肥満の増加=炭酸飲料消費の増加』が
密接にあるというならば、
前向き導入検討もありなのかと思います(^^;;;) 

日本の子供達も、炭酸飲料の飲み過ぎには
要注意ですよね。



【参考サイト】
速報/「炭酸飲料税」導入に前向き 米オバマ大統領 -
FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE



関連記事
posted by はっち at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。