2009年10月13日

新型インフル予防に「電解水を使ったしっかり手洗い」

秋が深まるにつれて、風邪ひきさんも増えると同時に
今年は「新型インフルエンザ」には、特に要注意exclamation

夏にウイルス沈静化するどころか、
患者が増えていったという新型インフルくんふらふら


今までも、強酸性水などによる、
手洗い・うがいで予防をお伝えてしてきましたが、
せっけんを使って水道水で洗うよりも、
レベラックで生成する「電解水」を使うことによって
とっても効果的な手洗いができるのです(^^)b


まず、しっかり手洗いの方法は、流水で

1手のひらをこすりあわせる

2手の甲もシワを伸ばすように洗う

3指先や爪の間を丁寧にこする

4指の間を洗う

5親指を入念にこする

6手首のまわりもよく洗う


ここまでを15秒から30秒かけて、
しっかりとおこないます。


その時に(1)〜(6)の順に、
2種類の「電解水」を使って洗っていくのですexclamation


まず最初は「強還元水」を流しながら、
手指の脂など汚れをしっかりと落とします。

これを15秒間ダッシュ(走り出すさま)


続いて「強酸性水(強酸性電解水)」を流しながら、
同様に15秒間洗っていきます。

強酸性水は、除菌作用が高いので
仕上げ洗いにはピッタリですね(^^)。


電解水で2度洗いすることで、
水道水よりも効果的に手洗い出来る理由は、
こんな電解水の特性にあったのですね。



さて、洗った最後はタオルでふきとるよりも、
使い捨てになりますが「ペーパータオル」等で、
水をふきとったほうがよいのです。

こちらのほうがタオルを使うより、
手を清潔に保つことができるのだそうですぴかぴか(新しい)


タオルを使う場合は、
清潔なマイタオルを使ってくださいね(^^)b 

感染予防のためにも、
家族との使い回しは避けたほうがいいのです。


そして、洗濯の時にも
強酸性水」をつかって除菌しましょうね。



posted by はっち at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。