2009年10月22日

手洗いのしすぎで「手荒れ患者」が増加?!

新型インフルエンザの予防対策には
「うがい・手洗い」は、必須中の必須パンチ

この予防対策が浸透しているのでしょうか、
なんと手洗いのしすぎで「手荒れ患者」
増えているという、記事を目にしましたあせあせ(飛び散る汗)

特に、手荒れが顕著なのは、
保育園や幼稚園に通う子供達といいます(><)。



手洗いの回数が増えたこともありますが、
ハンドソープの使用もその要因になるようですね。

また、オフィスや公共施設、スーパーなどでは、
消毒用のアルコールが常備されてるところも
増えてきましたが、これを使用して乾燥が進み、
肌荒れにつながっている人もいるのだとか。


せっかくのインフル予防対策も、
これではちょっと残念なことですよね(^^;;)




記事には、手荒れをしないポイントとして

1ぬるま湯で洗うこと。

2吸水性のあるハンドタオルを使うこと。

3ハンドドライヤーの使用をひかえる。

4手洗い後にハンドクリームで保湿をする。


といったことがあげられていました。

肌が弱い方などは、特に気をつけないといけないですよね。



だからこそ、レベラックで生成する「電解水」での
手洗いが一番ベストなんだなあ〜って改めて実感しました。


強還元水と強酸性水(強酸性電解水)を使ったしっかり手洗い
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/130184415.html
というのは、皮膚に負担をかけずに
「手についたウイルスを洗い流すこと」ができるし、
強酸性水には「保湿作用」もあるので、
お肌の乾燥を防ぐと同時に潤いもしっかり
キープしてくれるのです(^^)b

レベラックをお持ちの方は、これからの時期、
強酸性水を携帯用容器(ポンプミストなど(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/130604821.html))
に入れて持ち歩き、外出先での手洗い後に
シュッシュとダッシュ(走り出すさま)保湿するといいですね(^^)

【参考】
インフル予防の「手洗い」しすぎで“手荒れ患者”が増加中 - 東京ウォーカー


posted by はっち at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。