2009年11月02日

レンコン汁で咳止め

昨日から、咳き込むと15分くらい、
ゲホゲホダッシュ(走り出すさま)状態だったので、
この方法を試してみました。

「レンコンの絞り汁」を飲む。

そして用意したのがこれですカメラ


renkon.JPG



れんこんの絞り汁は、たんを切り、
咳止めや二日酔いに効果があるとされているそうで、
皮むかずにおろす方が、薬効があるのだとか。


そしてこの「生」絞り汁を一気に飲むのですが、
うわー(^^;;) だいこんおろしと違って、汁が青臭い。

青汁飲むような感覚かなたらーっ(汗)


調理したれんこんは、シャキシャキして
美味しいんですけどね・・・・と思いながら、
汁を一気のみダッシュ(走り出すさま)

でんぷんが口の中にひろがって、
粉っぽい感じでしたが、思ったほど苦みはありません。


でも、マズイのに変わりはありませんでした(^^;;) 



咳ですか? これが不思議なことに、
ぴったり止まりました(・・)oh〜。




あるサイトにれんこんのどの成分が効いているのか、
という説明があり「タンニン」の収れん作用で、
肺からの余分な水分の分泌が抑えられるようですグッド(上向き矢印)

ふむふむ納得。




さて、今回はレンコンを「生」ですりおろすので、
いつも以上に、洗浄をしっかりやってみましたexclamation 

活躍したのは「酸性水(酸性電解水)」です。

レンコンの穴の部分はざっくりと洗うだけでは、
なかなかキレイになりません。

泥がついていたりもするし、
やっぱり酸性水は、生で食べる生鮮食品の下洗いなどに使うのには、
ぴったりだと思うのです。



レンコンの“あく”を徹底して抜くには
「還元水」を使ったほうがいいのかもしれませんが、
「酸性水」ではレンコンの白さを保つことができます
(参照:ゴボウのあく抜きは酸性水か還元水か!)。

酸性水にしばらく浸けて、すりおろしたら、
おろしカスも白いままぴかぴか(新しい)


絞って残ったレンコンのカスは、
お味噌汁に入れていただきました(^^)

【参考】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
れんこん汁で咳を治す
咳止めに☆れんこんの絞り汁が効く!




posted by はっち at 18:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。