2009年11月06日

筆のお手入れには「酸性水」を使いましょうネ

年賀状の販売が始まりましたね郵便局

最近は、年賀状なんてパソコンに画像を取り込んで、
文字を入力して打ち出して終了〜なのですが、
今年は、毛筆で年賀状なんていいかなぁ、
なんて思っていますメール



そういえば小さい頃、習字に使う筆の筆先が
ちゃんとお手入れをしていなくて
バラバラになってしまったことを思い出しました。
状態の悪い筆では、きれいに書くこともできないし、
傷みも早くなりますあせあせ(飛び散る汗)


あるサイトでは、小筆は使い終わったら、
水洗いは避けて濡れタオルで拭く程度に。


大筆はぬるま湯に入れて、穂先全体を軽くもみほぐし、
穂と軸がつながってる部分は、強くもみほぐして
中まで入ってしまった墨を取り除くようにするのだとか。



そして直射日光を避け穂先を下にして、自然乾燥ー(長音記号1)



注意点として「洗剤を使用しないほうがいい」というのがあったので、
穂先などが傷んでしまう可能性があるのかもしれませんね。


それならば軽く温めた「酸性水(酸性電解水)」での
お手入れがおすすめ(^^)b

 調理用のハケを洗った時なども
(参照:料理用のハケのお手入れに「強酸性水」&「酸性水」)、
洗剤を使うことなく汚れが落ちたし、
毛先もバラバラになることもなく
キレイになったので、筆類の洗浄には
ピッタリじゃないかと思いますぴかぴか(新しい)



パソコンのきれいな文字とは違った、
個性のある毛筆の文字で、新年のご挨拶もいいですよね。

がんばって練習しなくっちゃ(^^;;)

【参考】
毛筆の手入れと仕方


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。