2009年11月12日

今年のボージョレ・ヌーボーには「麦のワイン」で乾杯☆

11月の第3木曜日は「ボージョレ・ヌーボーの解禁日」。
(今年は11月19日で〜す)


本来なら「ボージョレ地区で作られたワインの新酒」が
対象となるのですが、日本では「ワイン全般のイベント的な日」
として定着しつつあるようですね(^^;;)。



さて、ワインの原材料というともちろん「ぶどう」。


ところが「麦のワイン」という名称を持つお酒があるのですよ。

その正体は「ビールビール



じゃあ、ビールとワインのカクテルのことかぁ? 
ともよぎりますが、アルコール度数が10度以上
(ワインなみに12度くらいのもあります)のビールで、
ワインと同じように月日を経て熟成していくビールなのです。

イギリスが発祥の地で、寒冷な気候のため
ブドウの栽培ができなかったイギリスが、
ワインに対抗してつくったビールが、
この「バーレイ(大麦)ワイン」。


通常のビールに比べて、麦もホップも倍以上使用し、
熟成期間も数倍長くじっくりとねかせているのです。

以前、地ビールのフェアで「バーレイワイン」を
何本か試飲したことがありますが、
すっきり系ビールとは異なる円熟したコクのあるビールで、
その深い味わいにかなり感動しましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


これは、ワイン同様じっくりと味わって飲むビールキスマーク

ビール好きな方は、「バーレイワイン」で
「ボージョレ・ヌーボーの解禁日」を祝ってあ・げ・る
というのもいいかもしれませんね(笑)


【参考】
ヌーボー解禁日に“麦のワイン”を限定発売熟成するビール:日経ウーマンオンライン
バーレイワインとは@あなたの知らないビールの世界
el Diablo 2009


posted by はっち at 14:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。