2009年11月27日

電解水で育てる無農薬ミカン

無農薬で育てられた野菜や果物は、
残留農薬の影響もないので、
安心して口にできます。

しかし、実際に農園で栽培となると、
とてもたいへんexclamation×2 
という話を聞いたことがあります。


農産物によっては、ある程度の農薬を使わないと
生産できないものもあるといいますし、
栽培にかかる労力は倍以上になるもだそうですあせあせ(飛び散る汗)

でも、無農薬栽培の野菜や果物の美味しさは格別なので、
手間がかかってもこのような栽培に
切り替えていきたいという農家の方も
いらっしゃるのですよ。



無農薬野菜がちょっと価格が高めかなというと、
それだけ野菜や果物へ対する、
労力と安心できる農産物を
提供したいという生産者さんの心が、
こめられているのですね。



農薬に代わる害虫駆除剤というのはあるのでしょうか。





兵庫県南あわじ市では、
電解水を使った「無農薬ミカン」を栽培している
という記事を見つけました。

これは廃タイヤを鉢に活用したミカン農園で、
「強酸性水や強アルカリ性水を葉に散布するなどで
(害虫駆除ではないですが)殺菌したり成長を促したりした」
ということなんです。



強酸性水(強酸性電解水)と強還元水はペアで使うと、
除菌力がアップするので、このような作用を上手につかって
栽培しているんでしょうね。

電解水がこのような形でもっと使われていって、
安心で美味しい農産物が
多く作られるようになるといいですね(^^)

【参考】
・神戸新聞 淡路 廃タイヤ鉢に無農薬ミカン 大鳴門橋記念館に農園



posted by はっち at 14:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。