2010年01月24日

ニンジンジュースでなく「ニンジンサイダー」!?

根強い人気のある「地サイダー」。

新商品もちょくちょく見かけるようになりました。


その中で、ちょっと気になっているのが
「スパークリング・キャロット」という、
ニンジンサイダーなのです。


これは「北海道サイダー」として、
「平成21年度 むらおこし特産品コンテスト」で
中小企業庁長官賞を受賞した
「スパークリング・トマト」
「スパークリング・グレープ(赤・白)」の
同シリーズ商品の姉妹品。

ニンジンを炭酸水と一緒に充填する技術が難しかったため、
3商品よりも発売が後発になってしまったのだとか。



「スパークリング・キャロット」は、
ニンジンを皮ごと加工しているので、
ニンジンの栄養をのがさずきっちりとビンに封じこめexclamation 

ニンジン特有の青臭さもないらしく
ニンジン嫌いの子供でも美味しく飲めるらしいのです。


フルーツ系の地サイダーはありましたが、
野菜ベースの地サイダーって珍しいですよね。

入っているビンも、スパークリングワインを思わせるような、
おしゃれなボトルなので見た目は
「地サイダー」っぽくないかも(^^;;)

ニンジンベースの野菜ジュースなどは、けっこう甘めなので、
このサイダーもそうなのかな?  



直接購入は北海道内の一部の店舗みたいなので、
ネットでお取り寄せしてみようかな。


【参考サイト】
北海道アグリマート 北海道サイダー


posted by はっち at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2010年01月22日

洗濯機で丸洗いできるダウンジャケット

つい先日まで、我が家には
「ダウンジャケット」がありました。

でも手入れが面倒だったので、
泣く泣く手放すことに・・・・あせあせ(飛び散る汗)



手放した理由は「家庭で洗濯ができなかったこと」

クリーニングにだすしかなかったのですが、
それもちょっとお値段かかったし(^^;;;) 
それに一度クリーニングに出したら、
フワフワだったダウンジャケットが
ペッシャンコ状態で戻ってきたことがあったのです(><) 



でも、あの軽くてあたたいダウンジャケットの温もりは、
寒い冬には捨てがたい・・・・。



なんて思っていたら、今は
「家庭で丸洗いできるダウンジャケット」
があるんですね(@@)

近所のジーンズショップのチラシで見て、
指をくわえています(笑)



このダウンジャケットが洗える特徴は、
特殊縫製によって、洗濯中のダウンジャケットに
残る空気の量を大きく減らし
洗濯槽に沈む状態を作り出したということ。

それにより、洗濯液もダウンジャケットとなじみ
洗濯が可能になったそうです。

また、生地の表面に特殊加工をすることで、
ダウンが縫い目から飛び出しにく状態になったので、
洗濯機で洗っても生地が傷みにくくなっているんだそうです。


もちろん、我が家だったら
「酸性水(酸性電解水)」で洗濯しますね(^^)v

デリケートな衣類の洗濯には最適にだし、
柔軟剤などを使わなくてもふんわりと仕上げてくれるしかわいい


購入できるかどうかは、旦那様次第だなあ(^^;;)

【参考サイト】
家庭用洗濯機で洗濯できるアウター X-WASH EASY CARE | デニム・ジーンズカジュアル Right-on(ライトオン)
ダウンジャケットが家庭用洗濯機で洗える時代に! - 東京ウォーカー

posted by はっち at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2010年01月21日

ビオトープってなあに?

お散歩で隣町の公園まで行くと、
「ビオトープ」がありました。

ザリガニ、小魚、水生昆虫、トンボなどが生息しているらしく、
小さい「自然」が作られていたのです。

昆虫とか苦手な、我が家の子供達は
ちょっと恐る恐るのぞきこんでいましたけど(^^;;;)
(冬場は大丈夫なのにね〜)



ビオトープとは、ドイツ語の「Bio(生き物)」と
「topos(生息する場所)」が合成された言葉です。

本来の意味からすれば、「生物の生息する空間」が
「ビオトープ」なので、自然環境そのものを指しますが、
生き物が自然に生息しづらい場所で、
人工に作られた自然環境を、
特に「ビオトープ」としているようですね。


最近では、教育の一環で小学校でもビオトープを
設置しているところが増えたり、
ビルの屋上緑化の一つとして取り入れたり、
自宅の庭やベランダに作ったりと
家庭園芸の一つで楽しんでいる方もいるみたいです。


ビオトープには「水」はとっても重要なもの。

山梨県の小学校に作られているビオトープが、
地下水の水質悪化で存続の危機になり、
水源を一新する井戸掘り工事に着手した
というニュースもありました。


子供達の環境学習の場としても、
とっても重要な役割を持つ「ビオトープ」。

この環境に相応しい水質は、
やっぱり「きれい」でなくては、いけませんよね。

【参考サイト】
ビオトープ存続へ水源一新 - 山梨日日新聞 みるじゃん
ビオトープとは 教育コミュニティ創造委員会 ブログ/ウェブリブログ
posted by はっち at 16:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と環境

2010年01月20日

安全安心。日本酒が原料の入浴剤に注目!

寒い日には、体の芯まで温まる飲み物や
お風呂が恋しくなりますね〜いい気分(温泉)


毎年冬場になるとちょっと変わった入浴剤に目がいき、
いままでも「激辛入浴剤http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/81086383.html)」とか
カレー入浴剤http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/114451026.html)」
なんていうのも試してみました(^^;;)

そして、この冬女性の間で密かに人気なのが
「日本酒」が原料の入浴剤。


いままでも、日本酒が元になっている
入浴剤やせっけん等がありましたが、
今回注目を集めている点は、「酒造会社」が
伝統の醸造技術を有効活用して、
自然由来の原料で「安全・安心」ということ。



日本酒風呂は「肌をつるつるにしてくれ、美白作用に優れているぴかぴか(新しい)」、
「体の内側からもポカポカと温まり、
皮下組織細胞の動きが活発になるグッド(上向き矢印)」など、
女性にとっては、うれしい作用がいっぱい
(参照:美肌にも有効! 日本酒風呂で日本美人に♪)。



けれども、普段日本酒を飲まない方や子供がいる家庭では、
日本酒を直接お風呂に・・・というのは難しいこともあり、
「酒のプロが作る入浴剤」は成分含めて安心感もあるし、
手軽に楽しめるのでいいですよね。

もちろん、もっとポカポカ感を持続させるために
「酸性水(酸性電解水)」をプラスすると、
いいんですよ(^^)v



【参考サイト】
神戸新聞 社会 日本酒が原料 シャンプー、入浴剤など女性に人気


posted by はっち at 14:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2010年01月18日

健康によいと注目されている酵素ジュース

健康関連のニュースを見ていると
「酵素ジュース」
という言葉をよく目にします。

それはなんぞや?  というと、
野草や野菜、果物などから酵素をとりだしたもので
自宅でも手軽に作れるらしいのです。


ネットニュースの記事では、20種類以上の野菜や果物、
野草などの植物を刻み、
白砂糖や発酵補助剤と一緒に漬け込むのだとか。

この時に水は入れず、1日1回混ぜながら1週間で出来上がり。

浸透圧でしみ出す水分に酵素やミネラルなどの
エキスが含まれており、
それをそのままか水で薄めて飲むのといいます。


砂糖を使っているところをみると、かなり甘そうですよね(^^;;)

還元水で薄めれば飲めそうかしら・・・・。



他に、作り方がないかなあ〜と探してみたら、
ありました!

「野菜と水」での作り方。


おや? 以前作った水で作る酵母(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/113041110.html)に近いですね。

このレシピではキャベツと水をミキサーにかけて
醗酵させた後、ろ過して水だけをとりだしているようです。


そういえば、あの時に作った酵母も、
水で薄めて飲むこともできたんですよ。

私は料理にも使いましたがレストラン


この時は「りんご」を使ったので、
今度は野菜類で、酵素ジュース作りに挑戦してみようかなp(^^)q


もちろん、下洗いや使用する水には「還元水」を使いますexclamation


【参考サイト】
酵素ジュース 手作り広がる 野草や野菜・果物から抽出 : よみうり生活本舗 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
キャベツ酵素ジュース [クックパッド]

posted by はっち at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。