2010年01月14日

正しい雑巾の絞り方とは?

さて、今日も大掃除の時のお話です。

子供達に廊下の拭き掃除をお願いしたのですが、
なんと、水浸し状態に(><)


どうも、きっちりと雑巾が絞れていないようなのです。

雑巾を団子のように丸めて、ぎゅっと絞っているだけあせあせ(飛び散る汗)

うーん(ーー;)それって、雑巾を濡らしてるだけ
にしか見えないですけれども。



そこで、「雑巾の正しい絞り方があるのだろうかexclamationと、
お掃除を中断して、ネットで検索(笑)

そしたら、ありましたありました。

雑巾の絞り方にもちゃんとルールがあったのです。


1雑巾を縦位置にして、右手を逆手にして上、左手を順手にして下の位置で持ちます。

2右手側を外側に押すように、左手側を内側に押すような感じで、ねじりながらギュッと力を入れて絞ります。

これで、無理なくきっちりと、余分な水分を残すことなく、
雑巾が絞れるのです。


って、私も正しい絞り方をしていないことが、ここで発覚ひらめき

 両手とも順手で横絞りをしていたのです。

「おかあさんだって、正しい絞り方してないじゃんexclamation
と子供達の非難が・・・・(××) 


正しい絞り方をマスターして、
水浸し状態だった廊下を拭き直しダッシュ(走り出すさま)
 
そして、たたみもキッチリと拭き上げて大満足していました(^^)


床掃除なので使っている水は「酸性水(酸性電解水)」。

還元水を生成している時に、吐水ホースから出てきてる
酸性水を掃除用に貯めておいたものを使用しました。


住宅洗剤を使わずともすっきりと汚れが落ちるし、
使用後の雑巾のニオイも気にならないので、
とっても便利なんです(^^)v

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
いまさら聞けない、正しい雑巾のしぼり方 [暮らしの歳時記]All About



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。