2010年01月21日

ビオトープってなあに?

お散歩で隣町の公園まで行くと、
「ビオトープ」がありました。

ザリガニ、小魚、水生昆虫、トンボなどが生息しているらしく、
小さい「自然」が作られていたのです。

昆虫とか苦手な、我が家の子供達は
ちょっと恐る恐るのぞきこんでいましたけど(^^;;;)
(冬場は大丈夫なのにね〜)



ビオトープとは、ドイツ語の「Bio(生き物)」と
「topos(生息する場所)」が合成された言葉です。

本来の意味からすれば、「生物の生息する空間」が
「ビオトープ」なので、自然環境そのものを指しますが、
生き物が自然に生息しづらい場所で、
人工に作られた自然環境を、
特に「ビオトープ」としているようですね。


最近では、教育の一環で小学校でもビオトープを
設置しているところが増えたり、
ビルの屋上緑化の一つとして取り入れたり、
自宅の庭やベランダに作ったりと
家庭園芸の一つで楽しんでいる方もいるみたいです。


ビオトープには「水」はとっても重要なもの。

山梨県の小学校に作られているビオトープが、
地下水の水質悪化で存続の危機になり、
水源を一新する井戸掘り工事に着手した
というニュースもありました。


子供達の環境学習の場としても、
とっても重要な役割を持つ「ビオトープ」。

この環境に相応しい水質は、
やっぱり「きれい」でなくては、いけませんよね。

【参考サイト】
ビオトープ存続へ水源一新 - 山梨日日新聞 みるじゃん
ビオトープとは 教育コミュニティ創造委員会 ブログ/ウェブリブログ


posted by はっち at 16:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。