2010年02月02日

タクシーや映画館でも電解水を使った空気清浄器導入中

以前にも電解水を使った『空気清浄器』
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/134524686.html
の話をしましたが、
その後も、新型インフルエンザ感染対策に、
公共施設や交通機関などで『電解水を使った空気清浄器』を
導入するところが増えてきているようです。


先日も岡山県のタクシー会社10社が、
電解水でウイルスを撃退する小型の空気清浄器を
1000台に導入し、その4割が営業を始めている
という記事を目にしました車(セダン)

メーカーによると、愛媛県、大阪府のタクシー会社では
既に導入しているところもあり、
病院の行き帰りなどにも安心して、
タクシーに乗車してもらえるなどのメリットがあるのだとか。




家庭での予防はもちろんですが、
感染する可能性が高いのはむしろ「外出時」。

特に、病気などで体が動けない時などは
「タクシー」を使う機会も多いし、
このような装置が設置されていると安心ですよね。


また、全国展開をしているシネコンでも、
首都圏の映画館を中心にスクリーンに
電解水を使った空間清浄システムを導入中なんだとか。




我が家ではレベラックくんがあるので、いつでも、
インフルエンザウイルス感染予防のために、
強酸性水(強酸性電解水)を持ち歩くことができるのって、
とってもありがたいことなんだなあ〜とあらためて実感しました。

このように、電解水が公共施設や交通機関で
活躍してくれるのって、とってもうれしく思います(^^)


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
三洋電機、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野のスクリーンに「空間清浄システム」を導入 日経プレスリリース


posted by はっち at 10:58 | Comment(3) | TrackBack(1) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。