2010年02月07日

雄大に流れる「流氷」がビールになった!

ニュースで「流氷」の言葉を目にすると、
今って、冬まっただ中!なんだよね〜
とあらためて実感します。

寒いのが嫌いな私は、実際に見に行く機会は
ないかもしれませんが(^^;;)

自然が作る素晴らしい景色は、やっぱり素晴らしいなあと思います。
流氷が接岸する時期も、1月中旬あたりから2月中旬過ぎと
年によって異なるようです。

そして、春の陽気が温かくなる頃に北の海へ帰っていきます。

その「流氷」を仕込み水に使った地ビールがあるのだそうですよ(^^)
その名も「流氷DRAFT」、北海道網走の地ビール(発泡酒)なんです。

ビールにしては、珍しい「青色」。オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトにしたといいますから、
とってもロマンチック(*^^*) お酒類には「美味しい水」は必須項目!


 仕込み水にも興味がありますねるんるん


さて、この青色は「スピルリナ」という、
太古の時代から地球上に生息している微細藻類の一種から
抽出された天然色素だそうです。

このスピルリナは、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった
栄養素がいっぱい含まれおり、別名「水中の緑黄色野菜」と呼ばれているのだとか。

食用天然色素として菓子類やアイスクリーム類などにも使われているので、実はけっこう目にしているのかもしれませんね。 

以前「氷河の氷」を
紹介したことがありましたが、北の海からの贈り物には、
自然の恵みがいっぱい詰まっているようですね(^^)

【参考サイト】
北海道 網走地ビール の網走ビール株式会社 
流氷サイト
食品添加物データシート:スピルリナ青色素:横浜市衛生研究所
日本ウコン産業株式会社 原料図鑑 スピルリナ
 
posted by はっち at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。