2010年02月12日

これも地球温暖化の影響? 多くなった「ゲリラ豪雪」

私の住んでいる地域は、毎日が乾燥注意報発令といった、
冬場のカラカラ天気が続いています。

冬だというのに、洗濯物が夏並みに乾くというのは、
かなり空気が乾燥しているってことですよね(^^;;;)

一方、この冬は、北海道や日本海側の地域では、
大雪でたいへんだったようです(><)  

北海道では、暴風雪が強まり、車両56台が
雪に埋もれるなどして立ち往生した
というニュース
もありましたね。

そして、大雪の話題になると耳にしたり
様々なブログで見かけた言葉が「ゲリラ豪雪」

「集中豪雪」、「ゲリラ降雪」、「ゲリラ雪」
いった言い方もあるようですが、
「比較的狭い範囲に短時間に降る豪雪」のことを指すようです。

夏場には「ゲリラ雷雨」という、
短い時間に局地的な大雨が降る現象がよくみられましたが、
それの「雪版」といった感じだからこそ、
つけられたのでしょうか。

いくつかのニュースを見てみると、
近年はこのような雪の降り方が多くなってきているのだそうです。

そして、あまり雪の降らない年もあったりと、
その差が激しくなっているみたいですね。

そして、雪もサラサラのパウダー状ではなく、
水分を多く含んだベタ雪に変わってきているのだとか。

これも地球温暖化の影響もあるんでしょうか(><) 


【参考サイト】
大雪:北海道で車両56台埋まる 111人を救出 - 毎日jp(毎日新聞)

集中豪雪とは

ドライブ・ワンポイントアドバイス ゲリラ雪
posted by はっち at 10:45 | Comment(3) | TrackBack(1) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。